Re:+ Note

Archive for the ‘TRPG’ Category

素敵な将来を夢見るためにTRPGルールブックをiPadに突っ込んでみた

06.13.2010 · Posted in TRPG, 雑記

「iPad買ってきて、んで旧版のルールブックをpdf化して突っ込んでおけば最強なんじゃねえ?」
ダブルクロス3rd Editionとかセブン=フォートレス メビウスとかナイトウィザード2ndが出て日も経った頃、私の足下ですごい場所を取っているダブルクロス2ndとS=F V3に無印NWを見ながら、そんなことを思ったのがいつの日のことだったか。
基本的に思い立ったらとりあえず後先考えないタチの悪さで動いているため、その日から着々とルールブックをiPadに統合する計画を進行していたりしたのでした。

1. ScanSnapでpdf化する環境を整える

まずScanSnap。これは各種家電量販店でも売っていますし、そんなにスペースも取らない。他の用途にも使えるかもしれないよね……ということでサックリと購入。


FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500 FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
(2009/02/07)
富士通

商品詳細を見る


AmazonだとAdobe Acrobatはついてないのかな?
最初は裁断機だのペーパーカッターがなかったので、本の背表紙をカッターと定規で切り取ってスキャンしてみたり。50ページ前後の薄い本ならばカッターでも問題ないのですけれど、200ページ近い書籍になるとカッターでは普通に面倒くさい。しかも結構な頻度でくっついたままのページが出てきて読み取りエラーを起こすので、やっぱりカッターでどうにかするのは厳しそう。ということで、裁断機を購入することにしたのでした。

2. 裁断機で本を裁断する

裁断機はamazonでもいくつか種類がありますが、今回買ったのはその中でも比較的安い部類のもの。


ペーパーカッター 400枚ペーパーカッター 紙裁断機 大量の用紙裁断するには最適です用紙切断 紙裁断機 ペーパーカッター 400枚ペーパーカッター 紙裁断機 大量の用紙裁断するには最適です用紙切断 紙裁断機
()
ペーパーカッター

商品詳細を見る


Amazonのレビューで「油とホコリがすごい」と書かれていたので、100円ショップでウエットティッシュ的な家電用のクリーナーと、あと軍手を事前に購入。こういうのが先に分かるというのは実にありがたい限り。
20100609_裁断機
ちなみに裁断機はほぼ金属製、箱からしてこのサイズなので普通に重いです。大きさ比較用のiPod touchが何の意味も成していない。日本語マニュアルはついているのですが、一部普通に文字が重なっていたりして「( ^ω^)……」な気分にさせるあたりが非常に絶妙ですがまあ安いですし仕方がない。
開封してみると確かに結構ベタベタしているのでざーっと拭いて、外してあるレバーを装着して、とりあえず試し切りに昔のジャンプSQをセット。左の固定装置を適当な幅で固定して、雑誌をセットして切ってみます。
ざっくばらーん。
20100609_裁断後
厚みのあるマンガ雑誌ということで結構腕力を使うかなあと思っていたのですが、思いの外軽い。こないだ握力計ったら20ない程度に体力仕事に縁のない私でも普通に切ることが出来ました。握力と体力仕事に因果関係があるのかは分からない。まあうん脆弱だよ! どうでもいいですね!
ただマンガ雑誌の紙みたいな柔らかい紙であれば雑誌クラスでもなんとかなりはするのですが、技術書のようなしっかりした紙で厚手のものになるとさすがに1回で斬ることが出来ず、結果として何回か切っては取り出しを繰り返した結果、
20100609_断面(裁断失敗)
ご覧の有様。
わりとしっかりした厚い書籍は、いくつかに分けてから裁断しないと残念なことになります。……まあ、幸いにして読む分にはなんら問題はなかったので、ScanSnapでスキャン時に「読み取りモード」オプションの「原稿の向きを自動的に補正」を外しておけば問題はないでしょう。たぶん。
ちなみにこのチェックを外すと原稿の向きが混在しているときに自動補正してくれなくなりますが、本を裁断してそのままスキャンする分には混在しているわけがないので何ら問題ありません。
ちなみに某「終わりのクロニクル」あたりはたぶん普通に数回に分けないと無理だと思いました。
ちなみに刃にも油は結構付いているようなので、油が付かないくらいになるまで雑誌をざくざくします。もう断面からして色が違う。
20100609_断面
そうしてある程度油を取ったところで、本来の目的であるところのルールブック裁断を敢行。とりあえず手元にあるダブルクロス2nd関連のルールブック一式を裁断。
20100610_裁断済みダブルクロス
ちなみにルールブックくらいの厚みであれば問題なく裁断可能でした。コイツを片っ端からScanSnapにかけていきます。

3. ScanSnapでpdfにして、iPadに取り込む

20100610_ダブルクロススキャン中
スキャンはさすがに早い。のですが、その後の文字認識で結構な時間を食うのでルールブック1冊をpdfにするまでに掛かる時間は30分~1時間くらい。ちなみに画質は「スーパーファイン(カラー300dpi)」。ファイルサイズはDXの基本ルールブックで130MBでした。
あとはpdfファイルにしたルールブック一式を、iTunesからiPadのアプリGoodReader for iPadに転送してやります。ちなみにこのアプリ、iPhoneのpdfリーダーとしてとても高評価なもの。pdf以外のファイルも閲覧可能、Dropboxからファイルをダウンロードする……などという芸当も出来るので非ッ常に便利です。iPadの電子書籍アプリだとi文庫HDというのもありますが、このアプリにファイルを転送することも可能なので、pdfにしたファイルはとりあえずGoodReaderに突っ込んでおきます。
GoodReaderへのファイル転送や、GoodReader→i文庫HDへの転送方法は、下記のページを参考にさせて頂きました。
参考:iPadでPDFを読むために覚えておきたい入門Tips! | matuダイアリー

4. iPadでルールブックを読んでみる

というわけで、GoodReaderにファイルを転送。
20100613_GoodReader_01
20100613_GoodReader_02
横置きにすると1画面で2ページ開く設定にすることも可能。横起きだと若干文字が潰れて読みづらいかもしれません……。拡大してやれば問題なく見ることが出来ます。縦置きの場合は拡大なしでもほぼ差し支えなく閲覧できます。
20100613_GoodReader_04
GoodReaderならファイル内検索も可能です。
ただし検索速度はそんなに速くない上に、「戦いの予感」など漢字含みのエフェクトデータは検索に引っかかってくれない模様……たぶん、エフェクトデータのエフェクト名が太字体なのでスキャン時にうまく認識できなかったものかと思われます。サンプルデータの「戦いの予感」は検索できたので。
「スターダストレイン」などカタカナのエフェクトは引っかかりました。

雑感

ということでこんな調子でDX2nd関連のルールブックをスキャンして取り込んでみたのですが……少なくともダブルクロス (あるいは数多くのF.E.A.R.社製ルール) に関しては、今のところiPadで閲覧するのは微妙という結論に落ち着きそうです。
というのも、複数のシンドロームのエフェクトデータを参照する必要があり、しかも同じシンドロームのエフェクトデータが複数のルールブックに散らばって掲載されている以上、同時に開けるpdfファイルが1つだけでは厳しいなあ、という……スキルガイドで1冊のルールブックにスキルが再統合されたアリアンロッドならあるいは?
一方で「複数のpdfファイルを並べて閲覧できるアプリ」「1つのpdfファイルの異なるページを並べて表示できるアプリ」などがあれば、iPadにTRPGのルールブックを入れて使用するのは十分可能であるように感じました。手作業を含んでしまうのは若干面倒ですが、pdfにしおりを設定してやれば、めぼしいページにサクサクと飛ぶことが可能なのはちょっと嬉しいような気がします。
それに……iPadひとつ持ち歩けば、突然「TRPGやろうぜー」「ルールブックならあるよー」って言える将来って超ワクワクするじゃあありませんか……ッ!
ダイス? ダイスは常に持ち歩く物ってHepたんの人に聞きました。
複数のpdfを並べて開けるアプリってそのうち出てくるんじゃないかしら、と他人行儀な期待をしているので、その日を心待ちにしてようかと思います。
……つっても現行のルールブックをざっくざっく裁断するのはさすがに気が引けるので、ルールブックのデータ販売とか始まらないのかなあ……とは思うのですが、やっぱり面倒になるのはコピーの問題なのだよなあと思います。うむぅ。

おまけ. GoodReaderとi文庫HD

GoodReaderはページ遷移はスライドするだけなのですが、
20100613_GoodReader_03
i文庫HDはマジでページをめくるので若干テンションが上がるというそんなどうでもいいよもやま話。
20100613_i文庫HD
i文庫HDはファイル内検索が出来ないですけれどねー。まあ「文庫本を読む」って思うとファイル検索は…… しないでもないけれどそんなに使わないか。

追記(2010/06/26)

上記はあくまで「旧版るるぶをそのまま取り込んでみて、キャラクター1人作ってみた」場合の感想なので、実プレイの場合にどうであるかの感想ではないことにご留意頂ければ幸いです。またブレカナ3rdを裁断し、ついでに今度GMをやってくるため、実プレイ時の感想はその際に別途アップする可能性があります。

追記(2010/07/12)

続き書いてみました。
素敵な将来を夢見るためにiPadに突っ込んだルールブックでセッションしてきた Re:+ Note

素敵な将来を夢見るためにTRPGルールブックをiPadに突っ込んでみた はコメントを受け付けていません。 Tags: ,

天下繚乱RPGで遊んできましたのこと

06.11.2010 · Posted in TRPG

5月のある日、天下繚乱RPGを入手した某IZMの人は言いました。
「(天下繚乱) や ら な い か 」
「ウホッ! いいSRS」

ということで6月6日、近所のカラオケボックスに一同は集結したのでした。
……前日にGM氏のぬこ様がPCに粗相をしでかして急遽サンプルシナリオ「許せぬ悪をなんとする」をプレイ。うん、ぬこ様じゃあ仕方がない。

[続きを読む]

天下繚乱RPGで遊んできましたのこと はコメントを受け付けていません。 Tags: ,

SeasideCross 5月例会

06.10.2010 · Posted in TRPG

5月30日はSeasideCrossの例会でした。既に6月になって久しいですが気にしません。今回は飛び入りでゲストの方が来ていてGMがシナリオ調整に大変だったらしいですがプレイヤーって気楽で良いですね!(ひどい
今回はDX3rd。ゲストの方はTRPGは未経験、リプレイなども読むんだことはなく、コンピューターゲームの歴史を追っていたらTRPGというのがあったのでやってみることにした、という学生さん――す、すげえ。その好奇心と行動力は非常に貴重ですよ!?
でもDX3rdがその目的に適うかと問われれば、笑顔でごめんなさいしちゃいますごめんなさい。
今回の参加PCはなんと5名。そのせいというわけではないけれど、いろいろとメモし忘れたので穴が多いです。シンドロームとかコードネームとか。

[続きを読む]

SeasideCross 5月例会 はコメントを受け付けていません。 Tags: ,

ダブルクロス3rdリプレイ『Double Cross-Fire!』

06.08.2010 · Posted in TRPG

UGNの設立より、ひとたびともレネゲイドによって騒がされなかった地。
否、度重なる騒動のひとしずくも外に漏らさなかった地。
なればこそFHはそこへの干渉を止め、
UGNはそこを監視に留めた。
Y市、そこは捨て置かれた地であった――…… そう、“人間”にとって。
“人ならざる者”はお構いなしに、その空白を紅に染める。
ならば二人は護るだろう、変わらぬモノを変えぬために。
ならば二人は戦うだろう、仮初めの日常を得るために。
Double Cross 3rd Edition
『Double Cross-Fire!』

ダブルクロス――それは裏切りを意味する言葉
十字砲火(クロスファイア)――それは絆の上に成る言葉

※ダブルクロス 3rd Editionは有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチの著作物です


半年ほど前にプレイしたダブルクロス3rdセッションのリプレイとなります。ちょっと面倒なコンセプトの元で行われたDX3rd、見れば見るほどGMの稚拙さが目立って胃が痛い限りですが、もしおよろしければご覧頂ければ僥倖です。
※以前アップしていたブログ記事は公開を取り消し、こちらの記事に統合しております
以下はリプレイ中で記載しなかった、参加PL様の簡単なご紹介となります。なおハンドルネームを出されると困る方がおられましたら、お申し付け頂ければ速攻で削除致します……!
プレイヤーA
高校時代の部活の後輩。「高校生」というなんとも難しいお年頃のPC1をやらせたら、身内周辺では屈指の葛藤ロールを回してくれる。一方で思い出したように「ござる」口調のサムライPCをやっては何かのタガが外れたように三下ロールもこなす猛者。三下ロールの最中でもPC1マインドは忘れない。ツッコミが鋭角。
プレイヤーB
高校時代の部活の後輩。ちゃんとしたロールを回していたらいつの間にかボケている才能の持ち主。ボケが鋭角というのはなかなかに希有な才能だと思うのだがどうだろう。1歩半くらいズレた発言の数々は参加PCとGMを腹筋崩壊にたたき込む、なんというか文章で表現できない間の持ち主。
プレイヤーC
高校の後輩ではあるのだけれど高校時代に絡んだ覚えはあまりない。……ないよね? PC1からPC6まで華麗にこなし、PC6とは言えどもその圧倒的なロール力でみんなの心に存在感を刻み込むTRPGの鬼。そのキャラの幅は熱血フラレ魔から飄々とした私立探偵までと幅広いが、なんでか存在自体にのうさんくささがつきまとう不思議。
プレイヤーD
高校時代の部活の同期。ここぞという場面でダイス目がその……うん。みたいな事態になることが少なくないことか妙に不幸の影がつきまとう。よく分かった大人のロールプレイで場をまとめあげるかと思いきや、思い出したように頭の不思議な部分が飛んでいったカテゴライズ駄目人間を演じている。
GM
うっかりが多い。

ダブルクロス3rdリプレイ『Double Cross-Fire!』 はコメントを受け付けていません。 Tags: ,

春のエンターブレインコンベンションに参加してました(超過去形)

04.14.2010 · Posted in TRPG

そういえば時間が過ぎること2週間、春のエンターブレインコンベンションの『世界樹の迷宮SRS』卓に滑り込んできました。
レポートを書こうとして下書きがずっと放置されていることに気がついたのです。
Hep氏が「第一希望:世界樹の迷宮SRSで応募した」言ってたので、おおそんなものがと思いつつ世界樹の迷宮SRSは超気になっていた+仕事がアレ過ぎて心に癒しが必要そうだったので、第一希望:世界樹の迷宮SRSで応募したら両者とも第一希望が通っていたというなんかのミラクルが発生したりもしていました。wow。ぶっちゃけ「コンベンション」と呼ばれるなにかに参加するのは初めてだったので若干おー知り合いがいるーよかったー思ったり何だり。
当日、最寄り駅から会場を目指すも壮絶に道に迷って駅を一回りして元の場所に戻ってあるぇー(・3・)しつつも、英国大使館まわりを巡回していた警備員さんのおっちゃんに道を教えてもらいつつなんとか到着。先行販売されていたルールブックはとりあえず購入し、コンベンションは始まったのでした。
GMの遠藤卓司様はもちろんのこと、PLの皆様も歴戦のTRPG猛者揃い。
「大切なものを必ず失う」という呪いを受けたが故に「大切なもの」にならないようギルド名を「うるちま」(※うるち米由来成分)と命名する鉄壁のパラディン!
そのパラディンに付き従い、明らかにメディックではない禍々しいオーラを放ちながら通信教育の医療技術で皆を癒す老獪なメディック!
「飲んでさえいなければ当たったものを」と言いながら絶妙な命中判定を行う酔っ払ファイター!
ある日唐突に自信の中に宿る「内なる神」に目覚め、天啓と言う名の自由意志で師匠の研究盗み出して冒険者として身を立てたアルケミスト!
……ライフパスが 濃い!
あ、あとパーティ財産の恩恵を全力で受ける、学者からドロップアウトしたレンジャーとかいましたけれど飾りです飾り。そんなこんなでGM様が「ギルド『うるちま』の諸君」と言う度なんか吹きそうになるセッションは始まったのでした。
ファイターが攻撃を外してピンチ!
レンジャーも攻撃を外してピンチ!
アルケミストのTPが尽きてピンチ!
狂乱の角鹿、というかGM様が素敵なステップを踏みピンチ!
あっこれ世界樹の迷宮だ!
簡易戦闘ルールを用いることで戦闘もサクサク、世界樹の迷宮のマップを埋めていく感とTRPGがちょうどいいところでハマっている感じです。NWとかS=Fとはだいぶ空気が違う。「FOE行けると思う? 行っちゃう? 行っちゃう??」みたいな感も、途中でメインの目的すっぽかしてマップ埋めたくなったり別のクエストに走っちゃうのも、なんかもうまんまSQ。
ふおおおー、面白いー!
セッションの時間はあっという間に過ぎ、セッションは閉幕。購入した世界樹の迷宮SRSとシェローティアの空砦にサインを頂きつつ、ついでに完全なる勢いでトーキョーN◎VAを入手しつつ、秋にまた合おうぜと叫びつつコンベンションは終了したのでした。
世界樹の迷宮SRS&空砦2巻
たのしかったなあ……!
とりあえずサブクラスに対応したサプリメントを待ち望もう!

春のエンターブレインコンベンションに参加してました(超過去形) はコメントを受け付けていません。 Tags: ,