Re:+ Note

「ソード・ワールド2.0 リトル・ソーサラー ミュクス」

07.08.2009 · Posted in 書籍

「リトル・ソーサラー ミュクス」を借りました!
てことで以下雑感。


ソード・ワールド2.0 リトル・ソーサラー ミュクス (角川コミックス ドラゴンJr. 146-1) ソード・ワールド2.0 リトル・ソーサラー ミュクス (角川コミックス ドラゴンJr. 146-1)
(2009/06/09)
ねこ村 モトキねこ村 シンノ

商品詳細を見る



……ソード……ワールド……だと……?
Hep氏から聞いてはいましたが、これは確かに一言で「別にソード・ワールド2.0 (ラクシア) というわけでもなかったぜ!」という感じ。「ミュクスがいいとこの出」だとか「冒険者養成学園」だとか「ミュクスPTの過去の冒険」とかなんとかかんとか、あらゆる背景設定をスッ飛ばしたら結構カオスになったよ! なったよ! ……というか、なんというか。
「ソード・ワールド2.0を知らない人」には、魔法などのデータ部分 (コンジャラーがリモートドール云々) や人族が神になれるという世界設定 (たぶんサリサたちの妄想と暴走に見えるんじゃないかなあ) が伝わらないような気がしますし、「ソード・ワールド2.0を知る人」には、「ソード・ワールド」を冠する意味がまったく分からない (ギャグ要素が強すぎるんじゃないだろうか、思うに) 気がしますし。
もっとも、NWばりにアクの強い世界なら「それらしさ」は出ましょうが、SW2.0みたいな……有体に言ってしまうと「普通のファンタジー世界」において「その世界らしさ」を出すのは難しいだろうなとは思います。それこそ、既刊リプレイの(N)PCを主軸に置かない限り。……小説のほうのアリアンロッド・サガはその辺どうなのでしょう、結局なんだかんだで読んでいないので判断出来なかったり。
閑話休題。
マンガにする以上、キャラクターをキャラクターシートの数値に頼らずに描くことは必要だと思うのです。このままのノリで今後も続けるのであれば、正直あんまり面白くはならなそう……というのが正直な感想なのですよね。
……そもそもこのマンガ、連載中、でいいんですよね?
ミュクスの面白顔は面白いと思う。

Similar Posts:


2 Responses to “「ソード・ワールド2.0 リトル・ソーサラー ミュクス」”

  1. Heptis says:

    あ、その漫画の一番のネタは背表紙ですよ。
    ほら、よーく見てください……数字が二つ並んでるからって、誤魔化されちゃあいけません。
    サガ小説は良作ですよー。
    飛翔符のくだりとか、見事にアリアンロッドの世界を表しててかなり素敵です。

  2. rins says:

    なんですかねー。
    wiki曰く連載中な感じなのですが、アレで終わりとなるとコメントしづらいにも程が、ほどが!
    飛翔符に表れるARAらしさて!