Re:+ Note

2010年の情報管理のルールを振り返る

11.21.2010 · Posted in 雑記

20101121_PC・iPod・手帳
2010年に向けた情報管理のルールを考える Re:+ Note
去年の末くらいに「各記録用ツールをどう使い分けるか」についてまとめたのです。で、来年2011年に向けても同じ事をやっておこうかとは思うのですが、それに向けて今年はちゃんとルール守れてたのか、使ってみてどうだったのかをいったん振り返っておくべきだろうと思ってみました。
ちゃんとこのテのツール使いこなせるようになりたいものです。

■Evernote

2009末時点で考えてたルール

  • Webからの情報はEvernoteに集約
  • 紙である方が便利な内容は印刷して手帳に

追加した用途

  • 日記/twitterログの放り込み

いいところ

  • 会社と家でテキストなどの共有が可能
  • エクステンションからのクリップがとにかく楽
  • 画像やらPDFファイルやらも突っ込んでおける
  • iPod touchやiPadから参照可能

使いにくいところ

  • Win版クライアントが重い(→重さ自体はアップデートで改善されましたが……)
  • スタートアップ起動後、逐一タスクトレイから出さないと同期してくれないっぽい
  • iPhone(iPod touch)版クライアントが使いにくい

雑感

日記やtwitterの取り込みみたいな記録的なノートはともかくとして、Webで読んだ→クリップした、みたいな記事をとにかく再読しない。読んだ、そうなのかー後で使うかもしれないからEvernote入れとこう→そして読まない。あんまり読まない。
ポケモンBWにハマりだした頃に放り込んだTips記事みたいなのはそれなりに使っただとか、まったく使わないということもなかったのが微妙に迷いどころ。「あった気がするデータ」について、Google先生で検索をかけるのとEvernote内で検索をかるのと、どちらが早いか……。一時期はてなブックマークでブクマしていたものを、Evernoteに記事ごと放り込むようになったという感じなのですが、うーむ。
ちなみに「印刷して云々」は全くと言っていいほどやりませんでしたとさ。普段使うノートPCがプリンタに繋がってないのが大きい、逐一共用のパソコンつけるのも面倒くさいし。やるなら小さいプリンタ欲しい、シールとかで印刷できるような。

■SugarSync(&Dropbox)

2009末時点で考えてたルール

  • Evernoteで会社-家で共有できないファイルを共有

追加した用途

  • 他者との共有
  • (Dropbox)家族共用PC-個人用ノート間ファイル共有

いいところ

  • 逐一FTPとかでサーバに上げなくてもファイル共有が出来る

使いにくいところ

  • 今のところ、特には

雑感

今までファイルを共有するときはUSB使うか、契約してるロリポップの適当なディレクトリに放り込んで落としてくるとかでやっていたのですが、それが圧倒的に楽になりました。ディレクトリに放り込むだけですしね。
パスワード管理ソフトのファイルを置いておくとこれまた便利。
SugarSync、確か「無料アカウントは2台のPCのみ同期可能」みたいな縛りがあった気がするのだけれど、そのへん何処かで比較出来なかったかな……。3台のPCで同期が出来るなら、Dropboxを使う理由がなくなるわけなのだけれど……。

■ほぼ日手帳

2009末時点で考えてたルール

  • おおまかなスケジュールの記録
  • 月間カレンダー:大まかな予定
  • 1日ページ:予定の詳細、あるいは雑多なメモ
  • 年間インデックス:各ページのしおり代わり

追加した用途

  • 時間をどう使ったっけ的な備忘録

いいところ

  • 24時間の時間軸
  • 書きやすい

使いにくいところ

  • 厚みがあるから「立って記録」にはちょっと厳しい
  • (雑多なことを書きすぎて職場で開けなくなった←馬鹿)

雑感

各ページの所に落書きとかしてたら職場で開けなくなったよ^q^
ぶっちゃけほぼ日手帳に関しては「○○が便利だから使っている」というよりは「使いたいから使ってる」感が強い……たぶん「手帳」としての用途で使うなら、見開き1週間くらいのが使いやすいんじゃなかろうかと思う。でも好きなんだよーほぼ日。閑話休題。
おおまかなスケジュールに関しては、iPod touchでのTodo管理との使い分けあたりに未だに迷いどころ。年間インデックスをしおり代わりに使うのはわりとイイカンジだったので来年も続けたいところ。
24時間の時間軸があるのが地味に大きい。ざっくり手帳を探した限りにはなるのですが、デイリーで時間軸がある手帳だとかは「7:00-22:00」だとかの、仕事時間前後の時間軸しかない、という場合がほとんどの模様なのです。
あと「書きやすい紙」「0.3mmボールペンでほどよいサイズ+目立たない方眼」「開きやすい」あたりのちょっとした使い勝手の良さが、やっぱりすごい。

■iPod touch

2009末時点で考えてたルール

  • Todoリスト
  • 日記(ごろごろしながら書けるように)

追加した用途

  • 買い物リスト
  • ちょっとしたメモ(→Evernoteなどに転送)
  • Flickrへの写真転送

いいところ

  • 文字入力がとにかく早い
  • おおよそのWeb閲覧は事足りる
  • 片手で使える

使いにくいところ

  • 無線LAN環境がないとメモにしかならない
  • 長文には向かない(入力にしろ閲覧にしろ)

雑感

当初のルールとしてはTodoリストとしての利用のみ、日記としては別に使いませんでした。日記とかの「貯めておきたいデータ」はデータじゃなくて紙のほうが好みだと気付いた。
片手で扱えてPCでやるおおよそのことが出来るというのは画期的ですよ。フリック入力に慣れた後は本当に入力が早い。カメラもついたので、Flickrに投げたい写真はおおよそこっちで撮るようになりました…… とはいえ画質はだいぶ残念ですけれど。
問題があるとすれば無線LAN環境がないと、文字入力と写真の撮り貯めくらいしか出来ないこと……Pocket Wifiがあるとはいえ常に電源オンにしているわけでもないですし。とはいえこれはiPhoneにしなかった段階である程度諦めてはいる話でもあります。
あとはやっぱり長文は見るのも微妙ですし書くのはもっと微妙です。メモ以上には使えない、というのが正直なところ。
これを踏まえた上で、来年どういう風にいろいろ使ってみるかをぬるぬると考えてみようかと思います。iPadとモレスキンノートが増えてきそうなのだけれど、さて雑多にならずに使えるものか。

Similar Posts:


Comments are closed