Re:+ Note

2011年もあと○日

12.26.2011 · Posted in 雑記

やりなおしを、要求する。

は、さておきまして今年もそろそろ終わりそうなので例年通りまったりと過去を振り返ってみます。例によってゲームしかない気がするのですが、まあ、うん。

1月

  • タクティクスオウガ、Cルート→Nルート驀進中
  • ヴィレッジヴァンガードのカメラ福袋で、Polaroid PoGoを手に入れた。それ以外のカメラに関しては正直いらなかったかもしれない。
  • 比較的買ったばかりのHTC Ariaさんを落として割る。修理代が10,000円くらい掛かった。泣いた。

2月

  • なんとなく、レンタルサーバをロリポップからさくらに乗り換える

3月

  • いろいろと記録が残っていないので、たぶん1月2月の延長線上にいつつ地震で地味にあっぷあっぷしてたんだと思われる

4月

  • ブレイドオブアルカナのキャンペーンシナリオの第1話。このペースで行くとあと2年くらい掛かる気がしてきた、このキャンペーン。

5月

  • 正直な話、羊毛フェルトのシュバルゴさんはマジで頑張ったんです。
  • PSPの無線LANが死んだ。ので、待ってましたとばかりに買い換えてみた

6月

  • 思いつきでグングニルを購入してクリアする
  • ポケモン図鑑BW見たさに3DSを買う。わりとそのあとすぐ割引されて「おお……」ってなる。

7月

  • 3DSを買ったので剣と魔法と学園モノ。3Dを購入する。あまりの前衛の空気加減と、ノーラが出たおかげで未だ未クリア。
  • ノーラと刻の工房を購入。結果、ジャーキージャーキーうるさくなる。
  • 川崎大師の風鈴市に行ってみるも我が家に風鈴は相性がよろしくなかった悲しみ

8月

  • ジャーキー継続中(ノーラと刻の工房)
  • エルミ3を購入するもグランナイツヒストリーのおかげでわりと放置中。魔法学園の女子高生を麻痺で動けなくした後で全力でぱんつ盗みにいったことだけ覚えている。

9月

  • 思いつきでグランナイツヒストリー購入、想定外にだだはまりする
  • はじめてのりふれくそろじー。結論的には足をもみほぐされても特に幸せになれなかった。

10月

  • わりとグランナイツヒストリーな日々
  • 思いつきでFF零式を購入、もうFFシリーズとは相容れないのかもしれないという緩い予感と共に旧PSPで秘密訓練中 (あとで強引にクリアにはこぎ着ける目的)

11月

  • メイン携帯をMotorola PHOTONに機種変更。ゴツいっちゃゴツいんだけれど案外慣れる。
  • セブンスドラゴン2020を購入。前作のフロワロスっぷりがあるのであまり期待せずに始めたら、思いの外面白かったという。
  • 結構お仕事が全力だったりした

12月

  • はじめてのみゅーじかる。話の流れで劇団四季の「CATS」を見に行く、ミストフェリーズかわいい。
  • 英語力に絶望して思わず英単語の復習を始めてしまったのだけれどいつまで続くだろうね!
  • 結構お仕事が胃痛激しい感じ

 

お仕事的には結構余裕があった気がする、仕事の都合で泊まり込んで云々とか今年はほとんどなかったなー……平和って素晴らしい……。おかげで去年に比べてお財布的にも余り余裕はなかった気がするけれど、うん、まあ、うん。

そういえば今年、プレイ記みたいな感じの日記、ほとんど書いてないな。なんとなく「そんな時間があるくらいならゲームするわ!」みたいな感じの気分だった気がする。そんだけ今年のゲームは私的に豊作だったのかもしらん。

あと、どうでもいいけど「GKHのファウゼル王の声優が杉田さん(通称杉田王)→FF零式のキング(二丁拳銃)の声優が杉田さんで『結局杉田王じゃねえか!?』ってなる→ナナドラ2020のトリックスター(二丁拳銃)のボイスタイプをBにしたら杉田さんだった」的な流れと「FF零式でキングとトレイとナインをもっぱら使ってたら、ナナドラ2020で選んだボイスタイプがことごとく声優さん同じだった」的な流れにもうなんか声優さんお休みあるんだろうか気分になってきた。声優ゲーに声優ゲーが続くとこんな事態になるというのか……!

閑話休題。

以下、ちょっと3/11以降についてダラダラ書いています。ちょっと本気で頭の中のものをはき出そうぜばりの勢いで書くので、文章がいろいろとおかしかったりするかと思います。ので、適当に読み飛ばすのが正解なのではないかと思います。

今年を振り返るのであれば3/11のことに触れざるをえない気がしているのですが、3/11以降しばらく「世界が変わる感じ」がすごかった気がしているのです。いや厨二ワードでなく。

電車が動かなくて職場に泊まり込んでる間、正直どうしようもないので同じく泊まりの職場の人とテレビ中継を見てたりしたのですが、11日夜の気仙沼での大規模な火災とか、日本で起きてる光景だと思えなかったというか、空襲かなにかなんじゃないの? くらいの光景だったとか (余談、津波の映像もそうなのですが、個人的には大規模火災の印象がものすごい)。地震発生直後のTwitterのタイムラインに溢れる【拡散希望】とRT祭に見えるパニックっぷりとか、節電計画つってエヴァを模した電力状況のサイトが出来たとか、地震速報がしばらく様子おかしくて鳴るたびに「ヒッ」ってなってみたりとか、放射性物質が云々とか。あんだけ個人的に気になってたはずの、青少年なんとかかんとかとか既に忘却の彼方っていうか今どうなってましたっけ、くらいの勢いじゃないですか、ってくらいあの日を境に見るモノが一変してしまったようなそんな感じ。

……のですが、たぶん計画停電がほとんど実施されなかった夏以降から、少なくとも自分周辺ではあのときの「世界が変わる感じ」がどこかに吹っ飛んでしまったような気がするのです、厨二ワードでなく。あんだけ節電節電騒いでいたけれど今部屋はガンガンに暖房炊いてるし、いつも通り普通にお仕事してるし、今年もご近所の家がクリスマスイルミネーション全開だし。「夏の花火は自粛」くらいのムードだったのに、クリスマスのイルミネーションは自粛しない、節電どこ消えたの、的な疑問はちょっと沸くわけです。「そういうこと」を考えなくていい余裕が出来たっていうのならいいのですが、別に原発の状況が「なにも気にしなくていいほど改善された」っていうわけでもなく、被災地の復興が完了したわけでもなく

でもまあ去年とほとんど遜色ない感じになってきたので、なんだろうもう過去の出来事なのかしら、とぼんやり思い始めた頃に「今年の1文字は『絆』です」っていう今年の漢字の発表があって、前向きなのが逆にすごい恐いというか、人間本気で追い詰められるともはや笑うしか出来ない、みたいなポジティブさが見え隠れしてしまっている気がして、あーなんかやっぱりあの日を境に世界は変わっちゃったんだなー的な空寒さを感じないでもないのです。あとはまあ「家族との絆を改めて感じた」みたいなコメントをどこかで見て「あ、うん、被災地的とのー的な絆ではないのね」みたいなもんにょり感も味わった。

どうなるんだろうね、来年。

いやまあ私個人としては、何事もなければ来年も変わらず延々ゲーム三昧しながら「あー仕事やだー」って言って終わるのでしょうけれど。ちょっと思ってる以上に、明日とか真っ暗なんじゃないかなって気がしてちょっと恐い感じはするのでした。いつまで「いつもどおり」を享受出来る立場に立てていられるんだろうね?

……さて、分からない来年を嘆く前に、明日のお仕事を片付けに行こうかー。

Similar Posts:


Comments are closed