Re:+ Note

Posts Tagged ‘特別展’

国立科学博物館 特別展「チョコレート展」

11.25.2012 · Posted in 雑記

ちょっと高い系のチョコあるじゃないですか。アレを箱でガッて買って1日1個ずつ食べるとなんか毎日が頑張れることに気付いたんですよ。

特別展「チョコレート展」

ということで、国立科学博物感の特別展「チョコレート展」に行ってきました。休日の午後なのでそこそこの混雑っぷり。展示が満足に見られないということはないのですが、立ち止まって撮影とかはちょい気が引けるよねー、くらいの感じでした。

  • ZONE1:カカオの木とか、カカオ実の展示。ガラス向こうに実際の木が展示されていたようですが、水滴でちょっとよく見えなかったのが残念。
  • ZONE2:マヤ・アステカで、神聖なものとして考えられていたカカオの飲料が、ヨーロッパに伝わりどのように今のチョコレートになったの歴史など。チョコレートポット・カップなどが展示されていて超可愛い。
  • ZONE3:日本にチョコレートが伝わった歴史と、日本の有名チョコレートメーカーの製品の紹介とか。
  • ZONE4:カカオの実がチョコレートになるまでの課程とか。焙煎の説明と称して実際に暖かくなってるエリアとかあったり。
  • ZONE5:ボンボン・チョコレートの作り方映像とか、チョコレートで作ったパンダetcの展示とか

すごいおおざっぱにこんな感じの展示だったはず。チョコレートが色々並んでいて楽しいーとかいう感じではなく、あくまで国立科博物館の展示。わかりやすくチョコレートの歴史・製造について学ぶ、という感じでした。

常設展も見に行ってみたのですが、常設展もあわせて、もう一度くらい見に行きたいなあ……。

国立科学博物館 特別展「チョコレート展」 はコメントを受け付けていません。 Tags:

セザンヌ主義―父と呼ばれる画家への礼讃

12.07.2008 · Posted in 雑記

父上の前でPASMOに8円しか入ってないって言ったら哀れまれて小遣いもらえたwwwやったーwwwww
なんとなく切なさを覚えなくもない今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。
セザンヌ主義―父と呼ばれる画家への礼讃
ちょっと横浜美術館行ってきました。
家族に西洋美術好きがいると、ついていけばチケット代で自腹切らなくて良くなるのが実に助かる……今のうち、いまのうち。
思ったより日本人画家の作品が多かったです。
人物画よりは風景画、風景画よりは宗教画が好きな身としてはもっと風景画をーと思うのですが、絵画はおよそ「人」を描くもののような気がしてきたのでそれはそれで楽しめるようになってきました。でもポストカード見るとやっぱり風景画ばっかりというか、建物ばっかというか。家が密集している絵とか見ているだけでわくわくする!
あと見るたびに思うのですがキュビズムは私には色々難しすぎます。……物体をどう見た結果がああなのかが分からない上に、作品名を言われてもその「物」だと分からないわけで。うーん、みんな分かって見ているのかなあ、誰か分かっている人、教えてくだs
年末か年明けくらいに飯食いに行こうぜと声を掛けて回るかもしれないのでそっと応対してあげてください。なんか某氏に「飲む練習をすればいい」って言われた、でも焼酎あたり練習しても飲める気がしないんですよねえ。梅酒なら……あるいは。

セザンヌ主義―父と呼ばれる画家への礼讃 はコメントを受け付けていません。 Tags:

国立科学博物館特別展「菌類のふしぎ」

10.26.2008 · Posted in 雑記

「菌類のふしぎ」入り口K原氏とご一緒に、国立科学博物館特別展「菌類のふしぎ」を見に行ってきました。日曜ということで混雑するかなあと思っていたのですが、本気出して開園9:00直後に入場+恐らく朝は天気があまり宜しくなかったこともあってでしょう、ひどい混雑というほどもなく閲覧することが出来ました。
ちょっと後だと混み始めていたようなので、純粋にタイミングが良かったのでしょうか?

「スゲーみられた」「スゲーな」館内の展示は段ボールで組まれており、随所に「もやしもん」作者の石川先生が落書きをされていました。写真撮影がOKとのことで、携帯のカメラしかなくて最高に画質が悪いのが惜しまれる限りですが見つけられる限りは撮影してきました……がどうも見つけられていないものがまだたくさんあった模様。ちなみに写真は実際に覗ける顕微鏡コーナーの横の落書き、クリソゲヌムをスゲー見られます。

展示自体は至って普通に、そもそも菌類て何さとかキノコ多種多様だとか。キノコ面白いよキノコ、密集してる系のものが駄目なクチだとちょっと切ない気分になれる模様ですが。光るキノコやキノコアート、種麹の出来るまでなどキノコ・菌類に関するお話がパネルや映像などで楽しく見られる感です。
出口近くのショップでは、キノコグッズのほか「もやしもん」グッズも販売されておりました。ソフビは特別展限定カラーが販売されているようです、オリゼー買ってきました。コミックス購入で2009年カレンダーシールがついてきたようですが、既に全巻あるので流石に断念……。菌類のふしぎオフィシャルガイドブックは展示のパネルの内容がまとめられているので、展示を落ち着いて見られなかった時に後から見返すために良いのではないかと。「もやしもん」コミックスと同じサイズ、というか同じサイズにするために表紙がおっそろしい厚みになってて笑えます。新刊の宣伝もあります。
存分にかもされたのは良いのですが、
O-157&ライノウィルス
なんで私がもやしもんのガチャガチャやるとオリゼーとかクリソゲヌムとかヨグルティとか可愛いどころは大抵出んとO-157にライノウィルスですか。いやライノウィルスは良く見れば可愛いからいいんですけど。

国立科学博物館特別展「菌類のふしぎ」 はコメントを受け付けていません。 Tags:

「大エルミタージュ美術館展」+α

11.05.2006 · Posted in 雑記

というわけで3連休なのに脅威の土日連休、rinsです。
バイト先から休みを頂いてきたのです。
休みが欲しいと名言しないと3日間12:00-21:00なバイト先もどうかと思うが。
め、目覚ましかけないで寝ても良いんですよね……ッ!
というか12時以降まで延々延々眠り続けて良いんですよね……ッ!!
素晴らしきかな人生……!!!
いや、なんかその代わりバイト先、人数少なくてえらい大変そうですが。
でも正直ゴメンそこまで私己を犠牲に出来ないよ、腰痛いし。
というわけで、大エルミタージュ美術館展へと行ってみました。
何気にウチの家族はこのテの展覧会好きなようです。

[続きを読む]

「大エルミタージュ美術館展」+α はコメントを受け付けていません。 Tags: