Re:+ Note

Posts Tagged ‘自炊’

iPad mini Retinaを手に入れたのでTRPGのルールブックつっこんできた

11.24.2013 · Posted in TRPG, 雑記

iPad miniはRetinaディスプレイ版が出たら買おうと思っていて、出たので買いました。買ったので当然のようにTRPGのルールブック突っ込んできました。

iPad(初代)とiPad mini Retina

その1:素敵な将来を夢見るためにTRPGルールブックをiPadに突っ込んでみた – Re:+ Note
その2:素敵な将来を夢見るためにiPadに突っ込んだルールブックでセッションしてきた – Re:+ Note
その3:素敵な将来が垣間見えたのでNexus 7にTRPGルールブック突っ込んできた – Re:+ Note

先にまとめ:とりあえずTRPGルールブック自炊しててminiでないiPadで参照している方はiPad mini Retina検討していい

以下、iPad(初代)との参考写真とか。比較対象が昔のモデルすぎないか感ありますがソレはまあ。ルールブックの中身を写しちゃってはいるので怒られたら削除します……。

「縦表示で1画面に1ページを表示した場合」はまず問題ないだろうと判断して「横表示で2ページ表示した場合」で比較してみました。参考は文字が小さくてちとつぶれがちな、ブレイドオブアルカナ3rdの年表部分。

iPad(初代)の場合
2P表示(iPad)

年表部分拡大:iPad(初代)
2P表示一部(iPad)

iPad mini Retinaの場合
2P表示(iPad mini Retina)

年表部分拡大:iPad mini Retina
2P表示一部(iPad mini Retina)

iPadは年表部分の字は相当怪しかったのですが、iPad mini Retinaはまったく問題なく読めました。iPadにはアンチグレアフィルム、iPad miniにはグレアフィルムを使っているのでその差は若干あるかとは思うのですが、とはいえ拡大写真で見てみるとiPadの文字のつぶれっぷりとiPad mini Retinaの鮮明さは結構ハッキリ差が出てるかと思います。

データパートも横画面2ページ表示で何ら問題ありませんでした。Retinaディスプレイ未対応版のiPadを使っている場合は、正直劇的なまでの世界代わりっぷりなので超オススメです。iPadより小さくて荷物もなんとなく軽くなりますし!

なお確認に使用したアプリは下記でした。iOS7にすると不安定になるというレビューもあるみたいなので、あくまで参考までに。

GoodReader for iPad 3.19.4(¥500)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Good.iWare Ltd. – Yuri Selukoff(サイズ: 33.2 MB)

iPad mini Retinaを手に入れたのでTRPGのルールブックつっこんできた はコメントを受け付けていません。 Tags: , , ,

素敵な将来が垣間見えたのでNexus 7にTRPGルールブック突っ込んできた

10.06.2012 · Posted in TRPG, 雑記

どこからともなく買うべきという声が聞こえたのでGoogleの7インチタブレット「Nexus 7」を購入してました。

Nexus 7+TRPGルールブック

ところでTRPGルールブックを初代iPadに突っ込んで快適に使ったりしているのですが、初代iPadはいかんせん持ち歩くには案外重くてゴツい。2代目iPadやら新しいiPadならまた違うのでしょうが、ちょっと電車の中で片手で持つには辛いわけです。

というわけで電車の中で片手でTRPGルールブックを閲覧するべくNexus 7に自炊ルールブックを突っ込んできました。

結論的には「B5版ルールブックも拡大・縮小なしで問題なく閲覧可能」という感じです。

Nexus 7+TRPGルールブック

上は特に表示を拡大していない写真なのですが、B5版ルールブックでもだいたいこんな感じで充分読める範囲です。FEARのルールブックの欄外の小さいテキストとかだと文字によっては厳しくなってきますが、特技などのデータ系はまったく参照に難はありません。

ただ、Nexus 7自体には問題がないのですが、参照するアプリについては色々と試してみる必要がありそうです。ルールブックの参照には、個人的に「一覧画面への遷移が容易」「タブなりなんなりで複数のファイルを並列して表示」が出来るアプリが必要だと思っているのですが、ちょっとそういうアプリが現状見つかっていないという。

あたりが今のところ「耐えられる部類」だと思っているのですが……iPadというかApple Storeのアプリが強い。

そんなわけでNexus 7なり今後出るであろうiPad miniなり、7インチタブレットは真面目に電子書籍の読書環境として最強だと思うのでみんな買うといいと思います!!

※おもいっきり書籍の写真を表示してしまっているので、お叱りなど頂いた場合にはざっくり消すかと思います。。

素敵な将来が垣間見えたのでNexus 7にTRPGルールブック突っ込んできた はコメントを受け付けていません。 Tags: , ,

素敵な将来を夢見るためにiPadに突っ込んだルールブックでセッションしてきた

07.12.2010 · Posted in TRPG, 雑記

前回:素敵な将来を夢見るためにTRPGルールブックをiPadに突っ込んでみた Re:+ Note
前回旧版のるるぶを裁断機にかけてみたりしたのですが、そのままではどうにも使い勝手が悪いという印象。しかも旧版るるぶじゃ実際のプレイ時の印象分からないじゃんということで、マイラブシステムことBLADE of ARCANA The 3rd Editionを裁断機にかけてみたりしたのでした。
で、今日ちょっと実際にセッションで使ってみた感想をちらほらと。
いや別にさる有名な方のブログにリンクがあってアクセス数が跳ねてビビって急いで続きを書いたわけではなく。いやビビったんですけれど。通常の3倍とか何が赤いんだと言うんだ。

■準備:pdfファイルを編集する

pdfにした以上、ページの並び替えやファイルの分割・結合が可能になります。ScanSnapにはAdobe Acrobatがついているので、別途編集用のソフトを入手する必要はナシ。編集方針は「よく使う関連データはまとめて参照用ファイルを作る」……という感じです。具体的には、

  1. すべてのルールブック・サプリメントから、まとめるデータ (特技データ、装備データ、クリーチャーデータetc) を全て抜き出す
  2. 抜き出したファイルを、参照しやすいように並び替える (特技データであれば、アルカナ順にソートする。基本るるぶ掲載ウェントスのデータ→サプリ掲載ウェントスのデータ→基本るるぶ掲載エフェクトスのデータ→サプリ掲載エフェクトスのデータ…)
  3. 並び替えたデータにしおりをつける

という感じ。iPadのpdfリーダーは大抵しおりで移動が出来るので、pdfファイルをソートしないにしてもしおりだけはつけておいた方が便利なことこの上ありません。
20100711_iPadルールブック(しおり)
ちなみに、「特技 (奇跡/魔印含む)」「装備」「クリーチャー」「世界観 (パーソナリティーズ含む)」で分けたかったのですが「特技」と「装備」しか手が回らなかったので、とりあえず以下はその前提で読んで頂けると幸いです。

■ボスデータ作ってみる

編集したpdfを元に、ボスデータを作ります。シナリオの都合上3種類のボスデータを作らなくてはならなかったのは正直いいテストケースであったと今にして思う。
結論から言うと「キャラ作成にほぼ問題はない」という感じでした。
前もってソートしていたこともあるのですが、しおりを設定しているためアルカナデータの移動にほどんど難がないというのがとても大きいです。前回DX2ndを読み込んだ際は、「1ページずつ移動するのは面倒」「GoodReaderのスクロールバーで移動すると行き過ぎたりなんだりする」というのが実に面倒だったのですが、しおりのお陰で目当てのページに一発で飛べる。実に大きい。
今回はボスのイメージがかなり明確 (アルカナがほぼ確定した上でキャラデータを作成した) ので見るページがかなり絞られていたというのはあるにしても、ほぼ書籍と同様にデータを作成できたように思えます。
少なくとも前回のDX2nd読み込んだそのままで感じたもどかしさはあまりありませんでした。

■シナリオで使ってみる

主にルールの確認になるのですが、ルール関連は編集していない・しおりを設定していない (=基本ルールブックを普通に読む感じ) のため、キャラ作成時に比べるとちょっと閲覧は手間取るかなあ……という感じです。ただ、ルールセクションはそこまで複数のるるぶにわたって書かれるものでもないので、そこまでストレスには感じないと思います。
ぶっちゃけシナリオ中に見るページって割と限られてきますしね……。

■雑感諸々

【pdfはまとまったデータごとに分割した方がいいかも】
ルールブック1冊はかなりデータ量があるので、「複数のルールブックを結合」までしなくとも、それこそ章ごととかでファイルを分割してやった方がいいような気がしました。
手間との相談ですねー。
【主要なページにしおり設定で圧倒的に便利】
で、細かくデータを分割する必要があるかと言われれば「好みと手間次第」なのでしょうが、しおりに関しては設定した方が良いです。めちゃくちゃ便利。
また先ほどの「分割」に通じるのですが、ルールブックそのままの状態でしおりをベタベタ貼ると「しおりが粗くてまだ使いづらい」か「細かすぎてしおりを選ぶのが面倒」かの2択になりそうなので、しおりを生かそうと思ったらファイルは小分けにした方が良いかと。
【戦闘中のキャラ配置などの管理にiPadは使えない】
理由は簡単、ルールブックが読めなくなるから
複数ルールブックがあればいいのかもしれませんが……一応、代用出来そうなマインドマップのアプリは突っ込んでいたのですが、使う機会はありませんでした。
ちょっと保留にすべきかとも思ったのですが、iPadを「ルールブックとして使う」以上はマップ管理は難しい…… ルールブックは本のまま、マップとして使う分には、それはそれで威力を発揮しそうな予感はします。
【iRead PDFが使えるかも】
iRead PDFというPDFリーダーがあるのですが、これが前回欲しいなーと呟いていた「複数pdfファイルが閲覧可能なpdfリーダー」にあたる模様。しかも無料。素晴らしい。
(ちなみにiAnnotate PDFという、pdfファイルに書き込みの出来るリーダーの無料版になります。閲覧のみ出来る)
20100711_iPadルールブック(iReader)
20100711_iPadルールブック(転送)
ちなみにi文庫HDと同様、GoodReaderからの転送が可能の模様です……と、微妙に口調が断定にならないのは、私のiPadでなんかいまひとつうまくGoodReaderからの転送が出来ない (1ファイルしかできない) からで……制限だったりするのかな。まあいい。ていうか買うかなiAnnotate。
iRead PDFがキッチリ使えればかなり強い気がします。エラッタや質疑応答もpdfで出力して取り込んで使いたい。
(ちなみにtxtのエラッタ類はFiles HDというアプリを使用しています。特段こだわりがあるわけでもないのですが、文字エンコーディングを指定出来るのでSJISのテキストファイルが読める時点で文句なし)
※補足:拍手にて補足頂きました! ありがとうございますー!(平伏
iRead PDF、GoodReaderと同様にiTunesからのファイル転送を使えば問題ない模様です。そうしたら今度何かでiRead PDFのほうを使ってみて、最終的にどっちの方が良さそうか比較する感じになりそうです。
【B5サイズるるぶは縦置きで】
いや横起きでも見られるんですけれどやっぱちょっと文字ちっさいかなあとか……。拡大・縮小はなんだかんだでストレスにしかならないので、素直に縦置きで見た方が良いかも。
【るるぶが複数あることが前提】
ぶっちゃけiPadのルールブックって「ちょっと見せて」というのがやりにくい (気がする) ので、基本的にiPadの持ち主専用るるぶになります。使い方分かるの本人ですし。
なので、ルールブックが複数ある環境ではないとiPadには入れないが吉という予感がしました。
今回は裁断済みのルールブックも念のため持っていたのでそっちを参照したりもしたのですが、裁断済みのルールブックずっと取っておくのはデータ化するメリットが一部消えるからなあ、場所の節約。
※補足:
ちなみに2冊ルールブックがないと厳しいという意味ではなく、「セッション参加者に、自分以外にそのルールブックを所持している参加者がいる」という意味になります。基本るるぶはまだしも、サプリはまだ入手出来てないーみたいなケースが多い気がするので。
【ファイル検索はそこまで期待出来ない】
いかんせん、検索速度はそんなに速くない。ので、ファイル分割をすればまだしも、素のルールブックを検索かけつつ運用は厳しいかもという感じです。

■結論

一手間を加えればかなり強力に使える。
ファイル分割としおりの一手間。ぶっちゃけこれだけで化けます。いやマジで。「どのページをよく使うか」は事前にある程度分かるような気がするので、そこに一気に飛べるというのは非常に強いです。むしろ、取り込んだファイルそのままの運用するならやっぱり使い慣れた書籍形態には勝てないというかなんというか。
ただそれを差し引いても、この小さいデバイスにルールブックが入るというのは大きいですし、その使用感もある程度問題ないとあれば、かなりの収穫でしょう、うんうん。

素敵な将来を夢見るためにiPadに突っ込んだルールブックでセッションしてきた はコメントを受け付けていません。 Tags: ,

素敵な将来を夢見るためにTRPGルールブックをiPadに突っ込んでみた

06.13.2010 · Posted in TRPG, 雑記

「iPad買ってきて、んで旧版のルールブックをpdf化して突っ込んでおけば最強なんじゃねえ?」
ダブルクロス3rd Editionとかセブン=フォートレス メビウスとかナイトウィザード2ndが出て日も経った頃、私の足下ですごい場所を取っているダブルクロス2ndとS=F V3に無印NWを見ながら、そんなことを思ったのがいつの日のことだったか。
基本的に思い立ったらとりあえず後先考えないタチの悪さで動いているため、その日から着々とルールブックをiPadに統合する計画を進行していたりしたのでした。

1. ScanSnapでpdf化する環境を整える

まずScanSnap。これは各種家電量販店でも売っていますし、そんなにスペースも取らない。他の用途にも使えるかもしれないよね……ということでサックリと購入。


FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500 FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
(2009/02/07)
富士通

商品詳細を見る


AmazonだとAdobe Acrobatはついてないのかな?
最初は裁断機だのペーパーカッターがなかったので、本の背表紙をカッターと定規で切り取ってスキャンしてみたり。50ページ前後の薄い本ならばカッターでも問題ないのですけれど、200ページ近い書籍になるとカッターでは普通に面倒くさい。しかも結構な頻度でくっついたままのページが出てきて読み取りエラーを起こすので、やっぱりカッターでどうにかするのは厳しそう。ということで、裁断機を購入することにしたのでした。

2. 裁断機で本を裁断する

裁断機はamazonでもいくつか種類がありますが、今回買ったのはその中でも比較的安い部類のもの。


ペーパーカッター 400枚ペーパーカッター 紙裁断機 大量の用紙裁断するには最適です用紙切断 紙裁断機 ペーパーカッター 400枚ペーパーカッター 紙裁断機 大量の用紙裁断するには最適です用紙切断 紙裁断機
()
ペーパーカッター

商品詳細を見る


Amazonのレビューで「油とホコリがすごい」と書かれていたので、100円ショップでウエットティッシュ的な家電用のクリーナーと、あと軍手を事前に購入。こういうのが先に分かるというのは実にありがたい限り。
20100609_裁断機
ちなみに裁断機はほぼ金属製、箱からしてこのサイズなので普通に重いです。大きさ比較用のiPod touchが何の意味も成していない。日本語マニュアルはついているのですが、一部普通に文字が重なっていたりして「( ^ω^)……」な気分にさせるあたりが非常に絶妙ですがまあ安いですし仕方がない。
開封してみると確かに結構ベタベタしているのでざーっと拭いて、外してあるレバーを装着して、とりあえず試し切りに昔のジャンプSQをセット。左の固定装置を適当な幅で固定して、雑誌をセットして切ってみます。
ざっくばらーん。
20100609_裁断後
厚みのあるマンガ雑誌ということで結構腕力を使うかなあと思っていたのですが、思いの外軽い。こないだ握力計ったら20ない程度に体力仕事に縁のない私でも普通に切ることが出来ました。握力と体力仕事に因果関係があるのかは分からない。まあうん脆弱だよ! どうでもいいですね!
ただマンガ雑誌の紙みたいな柔らかい紙であれば雑誌クラスでもなんとかなりはするのですが、技術書のようなしっかりした紙で厚手のものになるとさすがに1回で斬ることが出来ず、結果として何回か切っては取り出しを繰り返した結果、
20100609_断面(裁断失敗)
ご覧の有様。
わりとしっかりした厚い書籍は、いくつかに分けてから裁断しないと残念なことになります。……まあ、幸いにして読む分にはなんら問題はなかったので、ScanSnapでスキャン時に「読み取りモード」オプションの「原稿の向きを自動的に補正」を外しておけば問題はないでしょう。たぶん。
ちなみにこのチェックを外すと原稿の向きが混在しているときに自動補正してくれなくなりますが、本を裁断してそのままスキャンする分には混在しているわけがないので何ら問題ありません。
ちなみに某「終わりのクロニクル」あたりはたぶん普通に数回に分けないと無理だと思いました。
ちなみに刃にも油は結構付いているようなので、油が付かないくらいになるまで雑誌をざくざくします。もう断面からして色が違う。
20100609_断面
そうしてある程度油を取ったところで、本来の目的であるところのルールブック裁断を敢行。とりあえず手元にあるダブルクロス2nd関連のルールブック一式を裁断。
20100610_裁断済みダブルクロス
ちなみにルールブックくらいの厚みであれば問題なく裁断可能でした。コイツを片っ端からScanSnapにかけていきます。

3. ScanSnapでpdfにして、iPadに取り込む

20100610_ダブルクロススキャン中
スキャンはさすがに早い。のですが、その後の文字認識で結構な時間を食うのでルールブック1冊をpdfにするまでに掛かる時間は30分~1時間くらい。ちなみに画質は「スーパーファイン(カラー300dpi)」。ファイルサイズはDXの基本ルールブックで130MBでした。
あとはpdfファイルにしたルールブック一式を、iTunesからiPadのアプリGoodReader for iPadに転送してやります。ちなみにこのアプリ、iPhoneのpdfリーダーとしてとても高評価なもの。pdf以外のファイルも閲覧可能、Dropboxからファイルをダウンロードする……などという芸当も出来るので非ッ常に便利です。iPadの電子書籍アプリだとi文庫HDというのもありますが、このアプリにファイルを転送することも可能なので、pdfにしたファイルはとりあえずGoodReaderに突っ込んでおきます。
GoodReaderへのファイル転送や、GoodReader→i文庫HDへの転送方法は、下記のページを参考にさせて頂きました。
参考:iPadでPDFを読むために覚えておきたい入門Tips! | matuダイアリー

4. iPadでルールブックを読んでみる

というわけで、GoodReaderにファイルを転送。
20100613_GoodReader_01
20100613_GoodReader_02
横置きにすると1画面で2ページ開く設定にすることも可能。横起きだと若干文字が潰れて読みづらいかもしれません……。拡大してやれば問題なく見ることが出来ます。縦置きの場合は拡大なしでもほぼ差し支えなく閲覧できます。
20100613_GoodReader_04
GoodReaderならファイル内検索も可能です。
ただし検索速度はそんなに速くない上に、「戦いの予感」など漢字含みのエフェクトデータは検索に引っかかってくれない模様……たぶん、エフェクトデータのエフェクト名が太字体なのでスキャン時にうまく認識できなかったものかと思われます。サンプルデータの「戦いの予感」は検索できたので。
「スターダストレイン」などカタカナのエフェクトは引っかかりました。

雑感

ということでこんな調子でDX2nd関連のルールブックをスキャンして取り込んでみたのですが……少なくともダブルクロス (あるいは数多くのF.E.A.R.社製ルール) に関しては、今のところiPadで閲覧するのは微妙という結論に落ち着きそうです。
というのも、複数のシンドロームのエフェクトデータを参照する必要があり、しかも同じシンドロームのエフェクトデータが複数のルールブックに散らばって掲載されている以上、同時に開けるpdfファイルが1つだけでは厳しいなあ、という……スキルガイドで1冊のルールブックにスキルが再統合されたアリアンロッドならあるいは?
一方で「複数のpdfファイルを並べて閲覧できるアプリ」「1つのpdfファイルの異なるページを並べて表示できるアプリ」などがあれば、iPadにTRPGのルールブックを入れて使用するのは十分可能であるように感じました。手作業を含んでしまうのは若干面倒ですが、pdfにしおりを設定してやれば、めぼしいページにサクサクと飛ぶことが可能なのはちょっと嬉しいような気がします。
それに……iPadひとつ持ち歩けば、突然「TRPGやろうぜー」「ルールブックならあるよー」って言える将来って超ワクワクするじゃあありませんか……ッ!
ダイス? ダイスは常に持ち歩く物ってHepたんの人に聞きました。
複数のpdfを並べて開けるアプリってそのうち出てくるんじゃないかしら、と他人行儀な期待をしているので、その日を心待ちにしてようかと思います。
……つっても現行のルールブックをざっくざっく裁断するのはさすがに気が引けるので、ルールブックのデータ販売とか始まらないのかなあ……とは思うのですが、やっぱり面倒になるのはコピーの問題なのだよなあと思います。うむぅ。

おまけ. GoodReaderとi文庫HD

GoodReaderはページ遷移はスライドするだけなのですが、
20100613_GoodReader_03
i文庫HDはマジでページをめくるので若干テンションが上がるというそんなどうでもいいよもやま話。
20100613_i文庫HD
i文庫HDはファイル内検索が出来ないですけれどねー。まあ「文庫本を読む」って思うとファイル検索は…… しないでもないけれどそんなに使わないか。

追記(2010/06/26)

上記はあくまで「旧版るるぶをそのまま取り込んでみて、キャラクター1人作ってみた」場合の感想なので、実プレイの場合にどうであるかの感想ではないことにご留意頂ければ幸いです。またブレカナ3rdを裁断し、ついでに今度GMをやってくるため、実プレイ時の感想はその際に別途アップする可能性があります。

追記(2010/07/12)

続き書いてみました。
素敵な将来を夢見るためにiPadに突っ込んだルールブックでセッションしてきた Re:+ Note

素敵な将来を夢見るためにTRPGルールブックをiPadに突っ込んでみた はコメントを受け付けていません。 Tags: ,