ギルド「シュペリオリテ」、南海に巣食うドレッドノートを討伐し、
そして。
ミッション「ドレッドノート討伐」達成+ニアラたん登場くらいまで。


■現在のPT状況
 ・ヴァネッサ(ナイト) Lv47→52
 ・フェリシー(ファイター/斧) Lv46→53
 ・エリック(ローグ/剣) Lv46→53
 ・トーマ(サムライ) Lv45→52
 ・ベルトラン(ローグ/弓) Lv44→50
 ・マリオン(プリンセス) Lv44→52
 ・ネリー(メイジ/雷・マナ) Lv41→47
 ・ノエル(メイジ/炎・氷) Lv44→51
 ・ギィ(ヒーラー) Lv47→53
ヴァンパイア強いよヴァンパイア。
短剣自体は多少攻撃力が低いですが、ソードマスタリーとダガーフェティッシュが両方乗るっぽいのでダメージの低さがさほど気になりません。
……ヴァンパイア頼りの剣ローグとか、イグゾーストスキル「恍惚のキス」が役に立たないにも程がありますが。そもそも状態異常が得意なPTMもいませんし、……そもそも状態異常が得意なクラスってどれだ。強いて言うなら弓ローグか……?
素直に忘却の海玉使ってエリックのスキルポイント振りなおして、マスクドペインとかなかったことにするのが良いような気がしてきました。
スキルポイントめっちゃ余りますけど!
■サブクエスト「眠れる獅子」
帝竜を倒すか、ドラゴンの数を減らすか。
選択を迫られはしましたがそんなことはまあそっちのけでアイゼンに入り浸ってました。
……何でもリッケンが「先の問題で」謹慎を命ぜられたとか何とか。恐らくはレジスタンスに襲撃を食らった (そして、レジスタンスを討ち損じた) 件のことなのでしょうが……。
勢いでシオンがリッケンに「王になれ」と迫りますが渋るリッケン、ならばとシオンはリッケンが王になることを承諾するような資格――初代皇帝の遺産を取りに行って欲しい、と依頼を持ち掛けて来ます。
ゴウガ山岳の山頂近くを調べて調べて見つかった隠し通路、ドラゴンが徘徊してはいましたが所詮ゴウガ山脈のドラゴン。通常攻撃で粉砕して始皇帝の墓に行き、唯一あった目ぼしいもの「ツルハシ」を持って帰ります。
曰く、初代皇帝は山岳地を開拓しアイゼンを作ったとか。
その志を忘れ帝位に執着するのは何事か、自分が目障りであるならこの場で死のういやリッケンさんが死ぬのはこの国のためになりません僕がー、とリッケンとシオンによる命投げ出し劇場を繰り広げた結果、ついに皇帝の心が動きました。
皇帝はアイゼンをより良くすることを、そしてドラゴン討伐に協力することに同意。
リッケンはその補佐として、シオンは貧民と貴族の橋渡しとして尽力することと相成りました――めでたしめでたし。
そんなこんなでサブクエスト「眠れる獅子」をクリア。思った以上に後味すっきりなイベントで良かったです、普通にレジスタンスが王を討ち取ったところでリッケンが王になるとは微妙に思えませんし。
報酬というわけでもないですが、シオンからSPDがあがる防具を頂きました。
……魔法系も装備出来るっぽいので回復役のギィかマリオン、あるいは前衛で防御が薄い+ヴァンパイアで先手取れれば自力でリカバーできるエリックあたりに装備させるのが宜しかろうかしら。
■ミッション「ドレッドノート討伐」
さて、放置していたマレアイア近郊に巣食った帝竜ことドレッドノート。
インビンシブルよりは先に登場しうるドレッドノート (ドレッドノートはスキル「南海操舵」習得=港町ゼザ到着以降、インビンシブルはミッション「世界協定」完了以降……のはず) のが難度低いだろう、ということでこちらから片付けることに。
東にあるマレアレ遺跡に帝竜が云々、とまあいつも通りなのですが。
曲がりくねった長い一本道と延々続くフロワロ。
マレアレ遺跡の構造とフロワロの繁茂っぷりに心が折れそうになります。
入り口に回復の泉があったのは優しさなんかじゃない、純粋にアレがないとこんなダンジョン攻略してらんねえというアレか……!
アイスマン*2に先手取られると、トーマあたり普通に致死ダメージ食らいかねないとかもうやだ。
ちなみにドレッドノートはマレアレ遺跡の構造に比べれば実に大したことのない敵でした。
ドレッドノート戦前に雑魚戦が2回続くので、前衛のHPが低い状態で突入しないように少し気を配ると胃に優しいと思う、程度。
マレアレ遺跡を攻略し外に出たところで、条件が「帝竜討伐」だったのか「残りドラゴン数」だったのかは知りませんがイベント発生。真竜ニアラとやらが宇宙より襲撃を仕掛けて来、それによりエメル様のドラゴン憎しスイッチが入ってしまわれました。
「アレを……千人砲を起動しろ!」
え、ちょっとまって何その、今までのフラグ+ネーミングがロクでもない調和をかもし出す最終兵器^q^
……ネパンプレスの北にあった謎の建築物。
そこにルシェ王が、ネパンプレスのルシェたちが次々と入っていきます。「次代に世界を託して」……といった台詞を吐きながら。
そしてニアラに向け謎の建築物――千人砲が火を噴きました。
しかし、その一撃はニアラにダメージを与えたものの、倒すには至りませんでした。
しかもニアラはその一撃でなにやら更なる進化を遂げた模様。
「1000人で足りないならば10000人で」と叫ぶエメルをノワリーが監禁し、シュペリオリテには新たな命が下されます。
かつてカザンの大統領が残した言葉がドラゴン討伐の鍵……と。
……いや「1000人の命を犠牲にした一撃」は予想外というか、あれだけ賑わっていたネパンプレスの終末感が異常というか……いたずら小僧とか可哀想で見ていられませんよ。
そういえばクエスト「兄からの手紙」と「記憶のない男」、これひょっとして同時に解決する (=ラッキーズから手紙とお守りを受け取り、カザンの妹に報告する前にゼザのあいまいなハントマンに話しかける) と追加アイテムがあったりしたのでしょうか……?
あいまいなハントマンが兄というところまではアタリをつけたのですが、妹の手紙を見せても無反応だったのでスルーしてたのですよね。
正直2週目やる気力が沸かないのだよなあ、このゲーム。
クリアしたら調べようか。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket