この作者様、名前はちょくちょく聞いていたけれど実際に読むのは初。
デスノは結構食傷気味故にあんまり買う気がなかったんですけれど見た目が可愛かったのと財布に比較的お金が入っていたことから購入ー。
以下恒例的に感想的なもの。
ネタバレはそれなりに含みますので、ご購入を考えている方はご注意。


DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
(2006/08/01)
西尾 維新大場 つぐみ

商品詳細を見る



うん、普通に面白かったです。良い意味でのライトノベル。
微ッ妙にメロとかナオミの性格が原作と違くないか、とかLに会ったことのない筈のB (単に読み落としてる可能性が否めない) があそこまでLに近くなるのか、とか気になる点はないでもないのですが……。
それを差し引いてもこのオチは上手く出来ていると思います。
オチ自体はありがちと言えばありがちなんですけど。
随所に上手く原作の話が盛り込まれていてニヤニヤ出来ます。
ああ、だから蹴りなのね彼は、とか。
あと随所に純粋にネタが盛り込まれていてニヤニヤ出来ます。
ちょ、ホーリーアップとか何年前だよ、とか。
もっともこの随所のネタ、文体が「DEATH NOTE」という作品を関する作品に相応しいものであるかと言われれば首を傾げざるを得ない気はしますが……
このテのネタと語り口調は比較的好きな人間としては普通にアリでした。
ただ「DEATH NOTE アナザーノート」というよりは、DEATH NOTEという作品を下敷きにした「アナザーノート」という作品、といった方がしっくりはきます。
竜崎=Luxaky、は強引じゃないですかー?

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket