いつぞや横浜行ったときぐらいから気になってた一冊。久方ぶりにリプレイ以外のラノベ (リプレイってラノベに含まれるのかしら、まあいいか) を購入したので折角だから感想でも書いてみましょう。


永遠のフローズンチョコレート (ファミ通文庫) 永遠のフローズンチョコレート (ファミ通文庫)
(2006/02/27)
扇 智史

商品詳細を見る



ものすげえ直球な感想を書くと、「面白ェー!」と叫べるような面白い話ではありませんでした。特になんでもない、なんにもならない話、そんな印象です。突発的で理由と根拠がなくて、かといってそんなものがなくてもなんとかなるというというか、なんとかならざるをえないというか、行って帰って元の場所というかなんというか……既にして意味が分かりませんが、ものすごくふわふわとした何かを感じ取って頂ければ幸いです。
単にこのテのラノベに食傷気味なだけかも分かりませんが。
このテのラノベ。現代 (風) で、どこかが致命的に破綻した高校生 (学生) があからさまに現実外の何かに遭遇して、……とかそういういう類のものと思ってください。
今のところ個人的にはそのテのラノベではブギーポップに勝るものはないと思うし……もう少し厳密にはブギーポップ・イン・ザ・ミラー「パンドラ」……冥王と獣のダンスも好き……最近の上遠野さんの小説読んでないナァ……いや違う、それはこの際どうでもいい。
全体的な言葉とか台詞は好きですけれど、「エンタ」とか「匠味」とか「黒い帽子に黒いマントの死神」とか、現実のものが色濃い単語を出されるのにはなんとなく違和感を感じるところではあります。おそらく私の中に「ラノベ≒ファンタジー」という図式を持っているからなのでしょうが……。
全体的に登場人物の行動が突発的 (理由もなく連続殺人をする程度)、「理由を言葉にすると元の形とは歪んでしまうから言葉にしない」とどうにもブン投げ気味な印象です。そこらあたりを「十代の日常」でひとくくりにされても、その、なんだ、困る。
「言葉にすると形が歪む」という感覚は分からなくもないのですが。
全体的にコマ切れすぎて感想になってないなコレ……まあ、いいか(よくない

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket