久方ぶりに一気に本を読みました。
結構いろいろな方が読まれてるらしく、しかもおおよそ絶賛されてもおられるので気になって購入してみました、「泣き虫弱虫諸葛孔明」。


泣き虫弱虫諸葛孔明 泣き虫弱虫諸葛孔明
(2004/11/25)
酒見 賢一

商品詳細を見る



どんな孔明だ。
というかオビからして「諸葛孔明の虚像に迫る」とか「ほんとうの孔明は、こんな人じゃなかったと思う(作者談)」とかいうホットスタートぶり。そしてそれに違わぬ、何を考えてるんだか何がしたいんだかまったく分からない孔明。すげえ、すげえよなんだこの孔明。なにこの宇宙ヲタク。いや宇宙が何のことだかよく分かりませんが。
諸葛亮はなんかもう良くも悪くも宇宙的で何処までマジで何処からネタでどの辺がハッタリなのかまったくさっぱり。そして作者様もその辺理解する気が何処にも無さそうな辺りが素敵です。なにかと諸葛亮スゲーな演義の諸葛亮イメージに、「ある意味」が付くとなんかしっくり来ます。
劉備とかわりと普通にヤクザですし張飛とかもうただのマローダーですし寄声発しつつ槍回すと低周波振動音が発する程度の回転をさせる趙雲とかなにかとかわいそうな徐庶とか普通に病院行った方が良さそうな諸葛均とかとりあえずなんかもうすげえやコレ (なお関羽はギリギリ今までの「ありがちな」イメージの範疇……たぶん) 。普通の人、いないのかよ。
個人的には「美食狂いの父親がめしがまずいと母を責め殺した」とか「元直、いきまーす」とかとりあえずそのへん大好きです。三国志でこんな一文を読む日が来るとは思わなんだ。
諸葛亮が三顧の礼に応えるまでの話、一般的な三国志では孔明について語られていない部分の話です。前半はわりとさらりと流れつつ (別にこの辺りが面白くないとかいう意味ではないです) 、じわじわなにかエンジンが掛かってくるカンジでしょうか。個人的には徐庶が劉備軍の軍師になった辺りで何かが爆発した感が。随所に出てくる作者様の冷静なツッコミがもう素敵すぎます。
ある程度三国志に関する知識がある上でネタ的な物が好きな方は読んで損はないと思いますよ。たぶん孔明はこのくらいの人間だった方が面白いと思う人は結構多いんじゃないでしょうか。だって曹操も蒼天あたりで結構すげえ人になっちゃってますし、孔明だけ聖人君子なイメージってことも今更ないでしょう。
ただ三国志を読んだことがない方にはあまりオススメできません、いろいろな意味で。
とりあえず誰かかわいそうな諸葛均をなんとかしてあげてください。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket