いや、パソコン入れて更にハードカバーの本は案外あり得ないのですよ。ということで乙一さんの「ZOO」が文庫化されたので隙を見て購入してきました。


ZOO〈1〉 (集英社文庫) ZOO〈1〉 (集英社文庫)
(2006/05)
乙一

商品詳細を見る


ZOO〈2〉 (集英社文庫) ZOO〈2〉 (集英社文庫)
(2006/05)
乙一

商品詳細を見る



 乙一さんの作品って何をどう見ても明るくないくせに、読んだあとに引きずられる何かがないのがものすごく大好きです。結末だけを切り取るとどう見てもバッドエンドなのに、登場人物の態度と心情、その他諸々はバッドエンドを感じさせないというか。「SEVEN ROOMS」なんてヒドい話ですよ、でもこの話で姉弟は「犯人」に「勝利」してるんですよね。
 そして結末を絶対に読めない、……コレはただ単に私の想像力が素敵に貧困なだけなのかもしれませんが。漠然と想像とした結末の遙か上の方を行くか、全然明後日の方向に行くか。ついでに物語を語る人物の見た全てだけが書かれるから事件の全貌が明かされるとも限らない。
 何処までも現実的で何処までも非現実。淡々とモノのように人が死んでいく。凄惨なはずの物語。
「落ちる飛行機の中で」で、「短編集の最後に収録されるような作品だったら~」という台詞があって、しかしその台詞の結末通りにはならずに、実は「落ちる~」が最後の作品じゃなくて4P程度の「短編集の最後の作品」があるのが個人的にすごく楽しかったです。と言いつつ単行本の時は「落ちる~」が最後に収録される作品だったっぽいですが。
のめりこむわー。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket