オルセスをもういちど倒して、サリジャナを倒したわけですが……。
これ、真正面からマトモに倒そうとしたらレベルいくつ要るんだろう。


■現在のPT状況
・ロッシュ 人間/君主/善 Lv91→117
・イブリッド(イブ) ワービースト/闘士/中立 Lv89→114
・シュルプリーズ(シュー) フェアリー/忍者/善 Lv87→114
・トレーズ ホビット/狩人/中立 Lv89→110
・楼氷雨(ヒサメ) 人間/使用人/善 Lv84→110
・ソルシエール(シエル) デビリッシュ/錬金術師/中立 Lv92→111
・カッシェ デビリッシュ/侍/中立 Lv89→116
・イスベルグ ドラゴニュート/戦士/中立 Lv95→115
・クロワ ドワーフ/神女/中立 Lv90→115
・セリュール ホビット/盗賊/中立 Lv85→117
・ヴィルテュエル(ヴィル) エルフ/遊楽者/善 Lv90→113
・フルール エルフ/巫/善 Lv88→114
・メルヴェイユ(メル) 魔傀儡/召喚師/善 Lv87→109
・アルエット ノーム/司教/善 Lv88→114
闘士の連撃は召喚契約の成功率を上げるのか……!
なんかこう、君がッ 泣くまで 殴るのをやめないッ! みたいな世界ですね。闘士恐ろしや。
さて、そんなわけでイエスというまで殴り続けた結果ヴァンパイアロードとの召喚契約に成功しました。そうしたらロード様の頑張りっぷりがすごいことになりました。1Tに数回のエンテルクミスタとか鬼にも程があります、……相手にスフィンクスが紛れていると悲鳴上げたくなりますが。
ロードは法印保護区も持ってやがるので、ロッシュがPTに入っていないときの異常対策に悪くないのかもしれない気がしてきました。
盗賊と忍者は「隠れる」ことで真価を発揮することにようやっと気付きました。
HPは低いのですが、隠れればそもそもターゲットにならないので前衛として成立するという。セリュールとシューの死亡回数がなかなかはっちゃけたことになっていたのですが、「隠れる」の利用でかなり致死率が下がった気分です。
敵の数が多くないときはともかく、深層あたりにいくと3体*4列とか出てきますしね。そういうときには便利。
フルールの攻撃命中回数の伸びが悪い気がするのは気のせいか……?
■忘れられた地(vsゼフカカ・ヒルデ)
倒しそびれたデュークをしばき倒しに行っていました。
最高にネックだったヒルデですが、運良くヒルデの行動前に沈黙が入ったため「裁きの鐘」が発動せず (ひょっとしたら純粋に「裁きの鐘」を使わない可能性もあったのかもなのですが)。
3Tのターン制限さえなければ攻撃力がかなり高くて回復がかなりうるさいだけなのd ……これだけでも充分鬱陶しかった。でも気分的に相当楽になる上に勝率も確実に高いのは事実。頑張って殴っていたらなんとか倒せました。
ところでヒルデのお膝元にはフェンデル一味と必ずエンカウントできる小部屋があります。フェンデル一味がその小部屋で6人顔つき合わせて茶とか啜ってると思うとなんとなく和みます。
だから何だというわけでもありません。
さておき。
ゼフカカにはなんとなく勝ってました。印象がない……というかむしろ戦った覚えがない。あれ?
■忘れられた地(深層)
ドラゴンレジェンドが神聖のブレスを吐くと妙に嬉しいです。通常攻撃は痛いんです。
祭壇にいる精霊ことライブラリアンと異神の類は流石にデュークスと比べて格が違うので、素直に「吊られた男」でサクサクと突破しています。
1度だけ試みに、神聖のブレスと通常攻撃のみで (厳密には石化があるのではありますが) 嫌な特殊効果もほとんどないドラゴンレジェンドあたりで「吊られた男」未使用の突破を目指してみましたが時間の掛かること掛かること。通常攻撃されると前衛が誰か飛びかねない状況だったので、回復役2人でフィリード・リゼフェスを回しつつ相手のACを下げて、殴る殴る殴る。ACが-58もありやがるので、カッシェ(侍)やらクロワ(神女)のアタッカー勢でもほとんど命中しない上にHP3408て何なのと。どうしろと。
サマリエルあたり、しばらく正面からじゃどうにも出来る気がしません。斬り返されるわ、首は飛ぶわ。
・エルミナージュ機構はハイドラ=イールの記録を司る機構(他の世界にはなかったのだろうか。これも神々の「期待」が成せる業か?)。深層にいる精霊の通称が「ライブラリアン」、エルミナージュ機構の執行者であり神々をも執行する権限を持つ。ライブラリアンによって裁かれたのがオルセスおよびサリジャナ。
 エルミナージュ機構の司書ヒズベルトは2代目?
・ヒルデがエルミナージュに迷い込んだのは、極魔道実験の余波。
・ニョップリンは「サリジャナのルーツ(=自らの因子)」を残そうとしている?
・オルセスは「何か」に命を与えようとして (創命の神としての責任) デーハインと対立し、追放された。「何か」は恐らくサリジャナの閃情光に関するもの (考えられうるのは、サリジャナの閃情光によりニョップリンが出来る→ニョップリンにオルセスが命を与える→両者追放)
・神々は破滅を恐れている。サリジャナは神々の破滅=末世=約束の日に備え閃情光を放ち、神々の破滅の後も秩序が保たれるようにした?
・なんとなく、『??????』の記述は「多数の魔念=冒険者」「煌天の君=ヒルデ」に見えないでもない。ヒズベルトが冒険者にヒルデとの会話を敢えて勧めていたのが気になる。
・時間神ナルゥに何かあったのではないか?(シェーベの滅び)

ドラゴンレジェンド、エターナルウィスプ、レイバータイラント、エラトリオン、プロト・マキアム、変幻異神サリジャナあたりが増えたので推測に補足してみる。
出来れば神影を全部倒してみたくはありますが、深層にもう1人いるらしいのはまだしもランダムエンカウントってお前……という気分。どうしようか。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket