書きためて一週間……ッ!
土日がいかに日記を書くのに重要か思い知ってみたりしているのでした。もはやただのダイジェストですが続けることに意義が……あるのかなあ……このダイジェストっぷり……。
レイブレア、コントラキオ以外のダンジョンをだいたい探索したあたりまで。神具、なにそれ食えます?

■現在進行形のPT状況

・エアフォルク 人間/君主/善 Lv25→46
・ユーラ ドラゴニュート/侍/善 Lv21→47
・ネーベル デビリッシュ/闘士/中立 Lv19→46
・オルヒデーエ(デーエ) オーガ/神女/中立 Lv12→43
・シュロス ホビット/盗賊/中立 Lv24→47
・ミステル ワービースト/狩人/中立 Lv22→38
・クルトゥーア(クルト) フェアリー/遊楽者/善 Lv20→37
・アルフェ ノーム/錬金術師→僧侶→巫/善 Lv11→37
・バザルト(バズ) ドワーフ/錬金術師/善 Lv22→39
・ガルテン ゴブリン/魔術師→錬金術師→召喚士/善 Lv11→39
・エルンスト エルフ/司教/善 Lv22→37
ちなみに日記の進度よりも現在の進度のほうが以下略。今はコントラキオ探索中。
ひとまず全員サマー/ハイマスターまでたどり着きました、一安心。
デビリッシュ闘士、強いわ……。モンスターから盗む装備がないととかく攻撃力の足りない闘士、ですが盗む装備は呪いつきのものがほとんどでどうしても錬金術が「呪い解除」で占めることになる。その手間が一切ないっていうはいやはや強い。
ただエンプーサから死ぬ気で剥いだ (というか死にながら剥いだ) 破壊のレオタードが転職経験アリで装備できなかったのが若干惜しいです、AC低下あるからまあいいのですけれど……手足をもいでレオタードひっぺがすとかどんな外道なのとは思いました。せめて盗賊(シュロス)が女でマジで良かったなあとも思いました。
しかし後衛の人数が多いので、前衛と後衛でレベル差が結構開いてしまっています。うーん、忍者か使用人作るかなあ……前衛なら忍者か。種族的には魔人形が空いているけれど魔人形前衛向かないんだよなあ、AC低いから。悩ましいなー……。

■バロックフォート(続き)

さてゴブリンプリンスの即位式の続き。つっても適当に城内歩き回ってアイテム探すだけの簡単なお仕事なのですがッ。
途中経過すっとばして結果としてゴブリンプリンスは3Fからロープレスバンジーかまして奇跡の生還を果たしました。うん、すげえよ王子。いや王。
さて即位式はこれにて完なのですが、なにやら即位したことをご先祖様に伝えなくてはならないらしく。ご先祖様の墓がチュロス高地にあるらしいので、一緒に向かうことになったのでした。

■チュロス高地(~北側1F)

ということでご先祖様にご挨拶…… の道がてら、昔は錬金術士だったお姉さん(今ハイプリースト)が「命の恩人のユニコーンに会えない」とお嘆きの様子。ユニコーン……ああ、転職したから駄目なのね。それでどうしたと話を聞くと、以前命を救ってもらったユニコーンに大樹の杖を借りていたため、それを返して欲しいのだとか。
……大樹の杖、使用効果ないのですが、アイテムも魔力も尽きた錬金術士がコレもらってどうしろと……いや言うまい。
たぶん転職したことない女キャラが条件なのだろうと思うのですが、いかんせん魔法系職嗜みまくりのこのPT、イノセントなメンバーは野郎しか…… あ、いやまって、まだアルフェが転職はしていない!(あと1Lv上がったら魔法覚えきるから転職できるねーという位置)
ということで、ティオメンテ使えるネーベルに近くまで連れて行ってもらい、後から4人PTで追いかけてネーベルだけ回収。その後アルフェ1人でユニコーンに挨拶し、杖を返し、ついでに角をもらって帰ってきたのでした。
やー、これで心置きなく転職できますね。
あとは北側1Fのご先祖様の墓に挨拶して、帰還。そういえばその後のゴブリンプリンスくんですが、なんかベルドールをちょっと解いてくれました。ありがとうプリンス。

■デコール神殿遺跡(B3F)

デコール神殿遺跡のB3F、またうっさんくさい感じに真ん中が空いておりました。が、恐らくバロックフォートのパイログリフ解読イベントをクリアしたためB2Fの閉ざされた扉が開き、B3Fの真ん中辺りに到達できるように。
……なると思ったら、「デビリッシュと魔人形以外の全種族用意してね」と婉曲的に言われてみました。
そんなわけで急遽オーガ・ゴブリン・ノームのキャラを作成し、祈りを捧げて先に進みます。と今度は、善と悪のキャラが先に進めない扉。中立のみならどちらでも進めるので、善側と悪側、両方とも通過してさらに先へ。するとそこには…… 静かにたたずむスフィンクス。
「謎かけ解かないと通さないよ」
「はーい」
ということで前回のパルテネスがごとくなぞなぞを解こうとするのですがなかなか回答が思いつかず四苦八苦。小一時間ほど格闘したところで、なんとか分かる問題が3つ来て、先に進めました。進んだ先の部屋には人間嫌いのエルフ・ヴォルムス郷が探しているという廃画「滅びの朝」と、「真実を知ることができる」と思しき、別のダンジョンへの入り口なのでした。
台座に触ったら帰還できたので、とりあえず後回し。

■フロートバン雪原(南側/北側)

南側で「あれ、なんかこのマップ温くね?」とか油断してたら北側でまさかの睡眠地獄。え、なにこの、全員寝たら遭難しますよフラグ……!
定期的に僧侶魔法使いが寝たら死ぬぞサーマエイスをかけつつ北側のマップを埋めようとしたら、北側でものすごい勢いで行き詰まりました。え、なにこれ、扉開かないし誰もいないしスイッチ操作できないし。
とか思いながら徘徊してたらうっかり僧侶魔法使いが全員睡眠。急いで帰ろうと思ったらそのままキッチリ全員お眠りになって、あちゃー回収しないとなのかなー…… と思ったらなにやらイベント発生、雪女のお姉さんが助けてくれました。
遭難するとお姉さんが助けてくれるようで、ついでに先への進み方教えてくれたりとか恋愛フラグが立ったりなんだり。流されるままに父君に「娘さんを僕にくださーい!」と拳で語り合って、エルンストが雪女の深雪さんを召喚できるようになったのでした。……血の盟約がない召喚とかもにょもにょ。
しかし睡眠中にインキュバスに遭遇とか泣ける。ドレインやめて!

■ナルマント海溝

セドナ追い込むだけで1日掛かった
家から会社に行くときに追い込みを初めて、会社から帰り際ようやっと追い込んだーでふと駅を見たら割と家近くだったときの「あれナニコレ」感。どれだけ追い込みが下手なんだよと問いたい。
持ち合わせの空気の実は練度19のものだったのですが、19もあれば全員の空きアイテム枠も埋まりきるのに充分という感じでした、攻略を若干後回しにした甲斐はありました。いやしかし霊倍打付き狩人は重宝する……。

■マドリエ教会墓地

霊ばっかりだろうナーと思って後回しにしていたらやっぱり霊だらけでした、やめてー。
ユーラ、ネーベル、シュロスの複数回攻撃可能キャラが霊攻撃出来ない揃いなので実は地味にキッツい。
どうでもいいけれど「ガスる」って表現は秀逸だと思います。
地下に言ったら胡散臭い、羽の生えた兄ちゃんが「名乗らないと通してあげない、でも名前を覚えた相手は即死させられるよー」と面倒くせえことを言ってきます。名乗らなければOKなのかと、メンバーの大半を志望させた状態で名乗って通過→通過後蘇生させるもアウト。えーちょっと待って何死んじゃった人の名前まで律儀に名乗っちゃってんのさー。
名乗ってない人間と名乗った人間の混在でもアウトなので、名乗るのは必須。そうすると名前を呼ばれないようにする必要があるっぽいのですが……。
何周か全滅したところで「訓練所で名前が変えられる」という事実に行き当たってみました。
いやお前そんなまさか…… でもあり得ないとも言い切れない……。
かなり疑わしく感じつつもとりあえず実践。
「ユーラ☆」
「ネーベル☆」
「オルヒデーエ☆」
「ミステル☆」
「アルフェ☆」
「ガルテン☆」
なんだこのPTきめえ。
(※実際には愛称も変更しています/だってどっちで引っかかるかわからないし!)
こんな感じのある種の捨て身で挑んだところ、こんどは即死を免れました。マジで。兄ちゃんを張り倒して蹴り飛ばして先に進むと、開いた冥界の門と、なにやらレイスと問答しているシグレットの姿。シグレットは冥界で苦しむ霊がいることに迷っている様子でしたが、レイスが攻撃してきたのでこちらとしてはぼんやりしているわけにもいきません。
レイス達を潰して門を閉じたはいいものの、レイスに協力し、門を開いて死した恋人を連れ戻そうとした老君がそのまま冥界に引きずり込まれてしまうのでした。
さて無事シグレットを連れ帰ることには成功しましたが、彼女はレイスが残した言葉が忘れられず冒険者として旅に出ることを決意。そんなわけで霊体攻撃・僧侶魔法完備の忍者シグレットが仲間になったのでした。 ……おいこら僧侶、せめて神女じゃねえのかアンタは。なんでそんな殺意高いんだアンタ。

■月光の滝

サイレントビーストをどう扱えばいいのか分からず、とうとうヒント屋……もといセムナドク様のお告げ頼りに。
「ワールドマップ開いて右手人差し指を三回動かしてみればいいと思うよ」
……SE・BGMボリューム調整……だと……?
まさかと思いつつボリューム0にしてサイレントビーストに会いに行ったらめっちゃ上機嫌でどうしようかと思った。サイレントシェルもらえた。ヒャッホーイ。なにをそんなメタな……とは思ったけれど、訓練所で名前変えてる時点で色々と今更だよなーと思い直した。あらゆる方面でPLぢからを試されるそんなゲーム、素敵。
そういえば月光の滝で月光石入手してイスファルドのリーファに持って行ったらツンデレられた挙句、口の中でふえる ショートブレッドをお土産にもらってしまいました。
のでじぇらたんに与えたら結構普通に食っていた。
うん、なんかよく分からないけれど、美味しいようでよかったです。

■灼熱の古城

火の賢者に遭遇したら「俺は火の賢者であって火の精霊じゃねえんだよ地下が熱いんだよこんちきー」みたいなことを銀魂みたいなノリで言われて、地下にたたき落とされました。りふじん。
なんでも火の眷属がハイテンションにトーナメントを開いていたらしく、そのせいで熱気がえらいことになっていた模様。フェニックスクイーンを連れた一行もいつの間にか緊急参戦、火の眷属じゃないのに!
しかし火属性防御ついた防具を、最低前衛分は用意しないとどうにもなりませんねこのマップ。フェニックスクイーンが火のブレス吐いただけで絶望できる。
4Fは見えない道を歩くというマップ……なのですが、ネタを明かせば何のことはない「3Fのいしのなかには落ちられない=3Fの壁は道である」。いしのなかにも落ちられるとかとんだデストラップになってしまいます。ただ一度道を踏み外すとそこも踏破エリアとしてマップに登録されてしまうので、そこが地味に面倒くさい。ティオシードで地道にマップを確認しつつ、聖なる火種を入手したのでした。
今回は捨てなくても良いらしい、火種。

■へールダール

さてパルテネスのトラウマからかなりの後半まで放置したへールダール。いい加減挑めるレベルだろうと意気込んで向かいましたへールダール。あのにっくきジョーカーがゴルフしようぜと言うので乗りましたゴルフ。
ボールは冒険者です。
ジョーカーにランダムに壁まで吹っ飛ばされるのですが、今回はある程度自由に歩ける&ダメージ食らっても回復魔法は使えるため、まだ難易度が低い……ッ! ということで穴に落ちたり何ダリはしたもののさほどの難はなくゴルフを突破しました。
意気揚々と上の階に行ったらそこは足湯でした。
もう、なんなんだこの施設は。
最上階にはミストレスがおり、コインゲームに勝てば神具をくれるという。その勝負乗ってやろうじゃねえか、ということでコインゲーム……このテのゲームは「常に○の倍数になるように」とか「合計が○になるように」コインを入れるのがありがちな感じなので、そんな感じで適当に何回か試していたらなんとなくクリア。何故かミストレスの胸元がアップになる謎の演出付き。え、なに、色仕掛け?
ちなみにミストレスがベルドールを1段階解いてくれました。おー、やったあ。

■チュロス高地(北側2F)

ロンテルギウスのおっさんに高地の一番上に「旗を立ててこい」と言われたので見に行ったら、「旗を立てて欲しかったらマラソンしろ」と言われました。
移動アニメーションOFFに加え鳩の呼び鈴で玄室の敵を排除、あとは乱打無縁カウントをしないことを祈って、で残り1秒でギリギリクリア。何度でもリトライは可能なので、エンカウントさえしなければクリアに難はなさそうな感じです。
さて、約束を果たしたのでチュロス高地にロンテルギウス旗を立てたところ、今まで立てていた旗によって守護されていた高地ににわかに不穏な気配が……。諸悪の根源ロンテルギウスに命ぜられて様子を見に行ったらそこにはドラゴンケンタウロス何世かが! 何世かわすれた!
2人で来いと言われたので2人で行ったらふつうに死んだよ!
……前回は混乱で壮絶に自爆しましたが今回は呪いなのか、動けるときは動いてくるため普通に死ねました。ううむ……。戦闘中の召喚はOKですが戦闘前の召喚はNG。うーん……ちょっとやそっとの幸運じゃ勝ちを拾える気がしないなあ。ちょっとチュロス高地の異変は放置して、先に進むことにしたのでした。

■vsレンザー家

前回は全力で逃走したレンザー家戦、また遭遇したので今度こそと再戦です。今回遭遇時はPTもそこまで損耗していませんし、レベルも上がっているのでなんとか……なればいいのですが。ちなみにゼファルは剣を取りに帰ったまま、グルティアは何やら様子見の模様です。
ヘスを速攻で落とし、ザッパーを集中砲火。前衛に被害が多少出たものの、無事勝利……よかったよかった。
悔しがるミルコの元に廃地から帰還したゼファルが「貴方には、いざとなったら誰かが助けてくれるという甘えがある」と告げます。攻撃魔法ならばヘス、回復魔法ならグルティア、しかしそれら全てを背負わなくてはならないのが君主の宿命なのだt …………あ、すいません、文字通りの君主なら攻撃魔法の責任は取らせないでくださいお願いします。
そんなこんなで再戦時は勝つと去っていくレンザー家一行なのでした。
次はフルメンバーかな……。
神具を見つけてコントラキオ探索でクリアですが、クエスト「蜃気楼への復讐」なんなのこれ……。一度本当に砂漠を練り歩く必要がある模様です。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket