どういうことなのとは思ったけれど、あまりにその言霊が面白すぎて買わざるを得ませんでした、ポケモン+ノブナガの野望。やってみたら結構面白いですねコレ、ポケモンだと思うといろいろ別世界すぎるのと、あとシュバルゴさんと長政様どこ行った的アレはあるのですが。……長政様、オイチが主人公にくっついていく都合、犠牲になったんだろうか、まさか。

ということで追記以下は、主人公・ミツナリ・キヨマサ・マサノリ・ギンチヨ・ムネシゲ・イエヤス・ケンシン・コタロウ・モトナリのエピソードをクリアしたあたりまでのざっくりメモとなります。

余談なのですが、戦国無双は基本スルーしていたのですが、ポケナガでムネシゲさんのキャラがなんか変なツボに入ったおかげで思わず戦国無双3Z Spesialを購入する程度にはムネシゲさんに傾倒しているので、なんかこう、そのへんゆるく見て頂ければ幸いです、はい。

ランセの伝説

メインシナリオ……と見せかけて壮大なチュートリアルという思い切ったメインシナリオ。主人公の名前はBWからそのまま引っ張って「シキ」にしてました。

「ランセ滅亡を目論むノブナガを止めるべく、オイチに乞われてランセ統一を目指す」とかそういう話。侵攻可能な城が随時解放されていくため防衛のための兵力は最低限で済む、だいたい対策の取れるポケモンが事前に出ているので相性いいポケモンを確保する努力とかをさほど考えずに済む……と、比較的難易度は低めです。さすがチュートリアル。いやリュウの城を攻めるために明らかにこおりポケモンの数が少なくて泣きを見ましたけれど!

とりあえず結論的には、やっぱりノブナガいいやつで、途中くらいから「あれランセの形状どこかで見たこと……あれー」ってなったのですが、まあ、なんか、そういうことでした。

ケンカするほど…(ミツナリEP)

ミツナリとキヨマサとマサノリがケンカして、その後いろいろあってそれぞれ城を手にした3人。……なんかものすごい話の展開があった気がするんですが気のせいですか。

さておき、ケンカついでに城の奪い合いに発展した3人。ミツナリはカエンの国からアオバのキヨマサ、イズミのマサノリをしばき倒しに行くのでした。

とりあえずなんかミツナリのハッサムと、「ランセの伝説」の時に育っていたモブのリザードンがすべてを片付けていきました。ミツナリさんハッサムでどうやってカエン落としたんだ、とかそういうのは、うん、まあ、いいや。

最終的にはなんか海で仲直り。適当だな! なんかいろいろと適当だな!?

ケンカするほど…2(キヨマサEP)

ミツナリとキヨマサとマサノリがケンカして以下略のキヨマサ版。前回無双っぷりを発揮したハッサムさんが今回は敵、しかもカエンに陣取っているためリザードンさんを連れてくることも出来ず苦戦必至。かろうじて、やっぱり「ランセの伝説」の時に育っていたギャラドスさんがいらっしゃったので、もうなんか最終的にガチな殴り合いでもすればいいのか! となかばヤケクソ気味にカエンに挑んでいったところ、

かざんが かつどうを開始した!
ハッサムの上に落石!

キヨマサ「あっ」
ミツナリ「あっ」

こうかは ばつぐんだ!

炎4倍の落石の前にさしものハッサムさんも耐えられるわけはなく、かくて戦いはキヨマサが制し、やっぱり海で仲直りするのでした。

ケンカするほど…3(マサノリEP)

ミツナリとキヨマサとマサノリがケンカして以下略のマサノリ版。どうでもいいけれどミツナリとキヨマサとマサノリの3人のうち、マサノリだけなんかキャラ付けの方向性がひどい気がするんですけれど気のせいですかK○EIさん。

今回はリザードンの人は言わずもがな、ギャラドスの人もちょっとうまく手に入らず、ちょっとマジでこの状況どうするの状態。仕方がないのでtwitterあたりで頂いたアドバイスを元に、ミツナリとはアオバの旗取り合戦で戦い、マトモに戦わない、という方向に。

アオバを取ってちょっと手薄にして、ミツナリが攻めてくるとカエンが手薄になるのでそっちを落とし、アオバで旗取り合戦。吹き飛ばし技が手元になかったので、距離的に一番遠い旗にハッサムが向かうと実はやばかったのですが…… うまいこと別の旗にハッサムが向かったので、わりと難なく勝利を収めることが出来ました。

あとはなんかもうお決まり敵に海で仲直り。こいつら人生楽しそうだな……。

ほこり高きイクサ(ギンチヨEP)

一番美しいブショーを決めるらしい、イクサで。でギンチヨさん的には美しいとかそういうのはともかくとして、イクサに負けるのは癪らしい。ああ、うん、そうね。

ギンチヨさんの「ムネシゲ、貴様は手出し無用だ!」の一言によりムネシゲさんがフッとか言いながら旅に出てしまわれたので「ギンチヨさんのEPならムネシゲさんいるだろ」と思ってギンチヨさんのEP始めた都合、本気でギンチヨ貴様アアアアとか叫びかけたとか、そんなどうでもいい話が始めにありつつEPスタート。

ところでこのゲーム、EPが変わるとリンク値も初期値?に戻るので弱くなる→HPもおしなべて低くなるのですが、結果、問答無用で40点の固定ダメージを与える「りゅうのいかり」がものすごい序盤の驚異になるわけです。こうかばつぐん1回くらいならブショーの能力次第では耐えるけれど、りゅうのいかりは、なんかもう、死ぬ。

で、ギンチヨさんのスタート地点であるシデンの隣の、サナギには「りゅうのいかり」使えるミニリュウを従えたランマルが陣取っているわけです。ランマルの配下にはやっぱりりゅうのいかりを持つキバゴなどもおり、なかなか危険度の高い集団。なんでこんなところにランマルがいるの、とかはたぶんツッコんだら負けなのだろうという理解をしている。

閑話休題。

マトモにランマルにイクサ仕掛けると勝てない上に、領土をうかつに広げるとその分手薄になる→ランマルが仕掛けてくるので、とにかく序盤は手持ちのブショーを鍛えて守りを固めることに専心します。で、ランマルがサナギからコブシを攻めた隙にサナギを侵攻、ドラゴンはうまいこと檻に閉じ込めて袋叩きに。同様にランマルがコブシからムゲン攻めたら、手薄になったコブシを落とし。そしてコブシは防衛戦が比較的楽なステージなので、あえて兵力を少なめにして、ランマルが攻撃をしてくるとしたらコブシ、みたいな状況にしつつランマルを少しずつ東に追いやりながら領土を広げます。

1回サナギを侵攻されて涙目になりかけたのですが、マップ左上の池部分にひこうポケモンが逃げ込むと、りゅうのいかりの射程外なのであとは残りターンが0になるまでターン送りするだけで済むという。できることがなくてサナギの庭でうろうろし始めるドラゴンたちかわええ。でも帰れ。

手持ちポケモンがおしなべてHP40超えたところで、ちょっと相手の移動距離と射程に気を遣いつつ挑めばランマルもなんとかならないでもなく。ランマルを倒せば、あとは消化試合のようなものでした。

しかしムネシゲさん、ギンチヨさんがブショーリーダーなのをいいことにマジでなんだか分かんない自由人と化しているんですけれど、曲がりなりにも忠勝と並び称されるレベルの武将がいいのかそれで。個人的にはすごくいいと思いますけれど。

ランセにふく風(ムネシゲEP)

なんか各ブショーリーダーの補佐役でイクサしようぜ! みたいな取り決めになったらしいんですがちょっとこの世界のイクサ気軽すぎてそりゃノブナガさんも改革を考え始めちゃうレベルである。

さておき初期領土3からのスタートで、目標はランセ全土統一。スタート地点はランダムらしいのですが、うまいことイズミ周辺の比較的端っこの方の位置を確保できたので、なんとなくムクホーク無双してクリア。ムクホークさん、反動はそこそこしんどいけれど、ブレイブバードの攻撃力と命中は安定しているし攻撃範囲も使いやすい、倒しきれない相手にも連続で攻撃は可能なので強いなこの子。

平和の先のねがい(イエヤスEP)

イエヤス「太平の世が訪れてこれ以上のことはないな」
タダカツ「そんなことはござらん! ポケモンが足りませぬ!
イエヤス「それもそうだな」

だいたいこんな流れで、ポケモン100匹集めるためにイクサ始めちゃうイエヤスさんご一行。ランセのイクサ観ちょっとアタマおかしい。

手持ち武将の所持ポケモンが100を超えればOKなのでランセ統一を達成する必要はなく、そこそこの戦力で領土を広げつつブショーをスカウト、モブブショーを安全な地帯でおまかせしていろいろスカウトさせてればなんとなく適当にクリア可能でした。……だ、だって、太平の世がーとかなんとか言ってるのにイクサしにくいじゃんなんとなく!

……と思ったけれど実際ランセのイクサ、ポケモンが戦ってる以上は人的被害がほぼほぼ皆無なのでわりとこう、イクサそれ自体スポーツ的な感覚なのかもしれない。

それも どうなの 。

イクサ、楽しまん(ケンシンEP)

ケンシンさんとシンゲンさんが点歌を2分したけれど、決着が付かないから「もう先に5勝したほうが勝ちでいいじゃん?」となりました。あーうん、もういいや、イクサ=スポーツで。

敵がシンゲンしかいないため、確保している領土に気を遣えばブショー数は最低限でもOK。シンゲンのドサイドンのダメージは脅威ですが、攻撃可能範囲に気をつければ、ドサイドンの移動距離自体はそんなに広くないので懐に潜り込んで囲んで殴り倒せます。勝利条件も「侵攻、防衛問わず5勝」なのでスピード感溢れる感じでクリア可能でした。

ランセにやみを(コタロウEP)

なんかコタロウとハンゾウとクノイチで「シノビのありかた」について揉めてたら、おねね様がそのへんのブショーリーダーに話付けて城を借りてきたのでイクサでカタ付けろというカッ飛ばした命令を飛ばすそんなお話。おねね様何者なの……。

あく、どく、ゴースト、りゅうのみ使用可能という謎レギュレーションの元、手持ちにキバゴがいたので、ここぞとばかりにりゅうのいかり無双してさっくりとクリアしてきました。短時間で片付けるなら、やっぱり、りゅうのいかりが強いな……。

名ブショー、立つ(モトナリEP)

ポケモン博士になりたいからポケモン100匹集めよう、と言ったら配下のブショーが「ついにモトナリ様がランセ統一を!」とえらく盛り上がってしまいましたの巻。天下太平って、なんなのだろう。

ポケモン100匹収集系は、100匹収集しない限り終わらないため、このあたりからwikiを駆使して本気でブショー進化とかベストリンクとかを片付けることにしました。まずは、主立ったブショーのブショー進化から。

序盤を乗り切るためのおよそ18人以外 (最大3面の城を守る必要があるので、そこをフルに埋められる18人。実際はユニークブショーがいるはずなのでもう少し少なくて済む)、原則モブブショーは増やさないようにしつつ、各城はユニークブショーの確保を最優先としてイクサを進めます。で、最後に残ったオイチと、彼女が擁していたアヤゴゼン、オクニ、ランマルについては今回でのブショー進化を諦め、フブキの城に押し込めたあたりから育成スタート。

基本的に何よりも1回のイクサがリンクを稼げるので、リュウの城は空城にしておきます。フブキから侵攻可能なフクツやミタマでもいいのですが、フクツもミタマも移動範囲が限られ比較的やりにくいマップのため、たぶんリュウが一番やりやすい。敵NPCは、体感として「1人のブショーを引いても戦力が上回っている城」にイクサを仕掛けてくるっぽいので、だいたいそのくらいまで戦力を調整しておくと防衛戦でもリンク稼げますが…… 1度にリンクを稼げる人数がどうしても少なくなるので、まあ空いた城に攻め込ませるのが早いと思います、デメリットもないですし。

イクサした上で敗北するとブショーが在野に下る可能性がありそうなのですが、戦力のない城に攻め込まれるのは特に何も起こらない。一度操作ミスして、適当なひろばにモトナリさん1人で挑むことになったら時間切れで敗北し、ハンベエがなんか文句言いながら去っていったという。イクサ全般なのか、野良との戦い限定なのかは不明。

上記の4人以外に、図鑑埋めが求められるノウヒメとネネ、EP関係の条件があるミツヒデとマサムネ、ベストリンクポケモンを確保できなかったクノイチ、そもそも出てこなかったヒデヨシとコタロウ以外はブショー進化完了、&可能な限りユニークブショーの最終的なベストリンクポケモンを集めたところで (ノウヒメのムウマージあたり) クリアしてきました。今回最大の敵はムウマージへの進化に必要なやみのいしを売りにやってこない商人だと思うの(ギリィ

次は他の、進化させてないブショーまわりのEPをこなすかーと思いつつ、ノブナガのEPも出てきたので結構迷いどころ。どうしようかなあ。

余談

進化後ムネシゲさんの謎のプリンスっぷりとメッシュが面白すぎて見るたびに吹く。ムクホークの機動力&ブレイブバードの破壊力、ブショーパワー「ふうじんのこえ」のはっちゃけっぷり的に純粋に強いと思うんだけれど、そんなことよりなんなんだよそのメッシュは、みたいな。あとギンチヨさんも連れてきて「ふうじんのこえ」「らいじんのこえ」と繰り返すとなんかもう相手は死ぬ。立花家マジ容赦ねえなお前ら。

ブショーパワーの使えるタイミングが移動前のみな都合、基本的に「自分ととなりの仲間」の際にとなりの仲間を用意しにくい気がしているので「味方全体」系の効果は効果自体は少ないと思われるとはいえやっぱり強い気がする。

 

あとこんしん使うとケイジさんがほぼ100%いわなだれを外すのが微笑ましいけど殴りたかった。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket