メモが出てきたので2。
DSのRPG「セブンスドラゴン」の雑感です。
一部ネタバレを含んだり長かったり無駄に偉そうだったりするかもしれませんが、色々とご容赦いただければ幸いです。


セブンスドラゴン(特典なし) セブンスドラゴン(特典なし)
(2009/03/05)
Nintendo DS

商品詳細を見る



■システム:★☆☆☆☆
「スキルの特色と、スキルツリーというシステム」
「モンスターからの素材を売却すると新装備が売られるようになる」
「メインシナリオの進行にはミッションの受領が義務」
「クエストは任意で受けられ、その主な内容はアイテム収集」
「強敵はマップ上に表示され、付近で戦闘を行うと数ターン後に乱入してくる」
「バトルウインドウの装飾など、細かなデザイン」
 ……わざわざ別タイトル冠さないでも、世界樹の迷宮III、作ればいいじゃないですか。
 そうツッコまざるを得ないほど、スタッフには「世界樹の迷宮」シリーズから脱却する気がないようです (出来ない、というレベルのものではないように見えました)
 加え、
「異常に高いエンカウント率」
「微妙に遅い移動速度(ダッシュはイベントの報酬)」
「ポータルと街の距離感」
「世界中ダメージ床(フロワロ)」
「敵が微妙に弱く、レベルアップが遅い」
 以上の5つが絶妙なマッチを見せ、フィールドを歩かせることに絶妙なストレスを生み出すことに成功しています。それに加え、宿屋に泊まると、潰したフロワロや倒した中ボスが復活する可能性があるという親切設計。
 すごいですよ。
 システムに特筆すべき点はないのです、だって「『世界中の迷宮』シリーズの使いまわし」か「ストレスフルななにか」の2択ですから。
 そんなわけでこのゲームのシステムは評価出来ません、★1で。
■グラフィック:★★★★☆
 個人的にはモタさんのグラフィックは好きなのですけれど……どうも選り好みが分かれるようで。確かにあの潰れたちびキャラは好き嫌い出そうな感はします。
 ちびキャラは戦闘中にグリグリ動きますがそれ以外の場面ではさほど出てくる機会もないですし、戦闘中でも「高速でなんかやってる」程度のイメージしかないので、パッケージにちびキャラ使わないだけでだいぶ印象変わったんじゃあないか、とは思わないでもありません。基本的にNPCにはちびキャラないですし。
 街とかのぺったりとした3Dは好きですし、個人的に★4させて頂きます。ケチをつけるポイントはないですが、「うおおおコレはすげえええ!」という良さもない、けどまあ好きです、的な意味で。
■サウンド:★★★★★
 相変らず音楽は良いですよね。
 特に街BGM、カザンの活気やミロス・アイゼンのなんとなく停滞した感じ、プレロマの得体の知れなさ、ネパンの力強さ、よくBGMに出ていると思います。……そういやサントラどうしようかな。
 音楽は★5で差し支えないものだと思います。
 が、このゲームに関しては、正直レトロ風は要らなかったと思います。
■シナリオ:★★★☆☆
「異世界の竜が侵攻して来たので倒して世界を平和にする」。シンプル。
 ……なのですが、なんといいますか、「何か違う」感がするのです。
 他ゲームとの比較になってしまい何なのですが、「エルミナージュDS」には
「名も知れない冒険者が、王からの試練を突破して冒険に出る。序盤はたいした評価を得ていないが、『指輪』を持ち帰り実力を示すことにより王の信頼を得る」
 という「世界を救う人材になるまでのプロセス」があったのです。が、「セブンスドラゴン」ではそこが
「名もない冒険者が、英雄王の『外れない直感』というよく分からないものに見初められ、他の実力者を差し置いて世界の代表となり、最初から最後まで世界の代表として戦う」
 という……なにかこうもやもやする奉られっぷりをしている気がするのです。
 この感想を見た方に「その感想がもやもやする」と思われること承知で書いています。
 まあ、そんな私の些細なもやもやっぷりはさておくとして、フツーだと思います。シナリオにもシステムと同じく「世界中の迷宮」シリーズとの相違点 (=旧世界トーキョー、みたいな何か) が見受けられてなんとも言えない気分になる程度ですが。特にタケハヤ、誰だよお前は。
 なんかこう……印象に残らないのですよね。普通に★3とかで。
■総合:★★★☆☆
 なんかこう、このゲームやってると、「○○のスタッフ再集結!」と売り込まれた映画ってそんな良作でもないような気がするのだよなー、みたいな気分になるのです。
 そこには「前作との比較」という単純な理由もあるでしょうが、このゲームの場合「前作を越える気がない」というのが一番しっくり来るのではないか……そう思えて仕方がありません。それほどまでに「世界中の迷宮」シリーズめいたつくり。
「世界中の迷宮」には「古き良き3DダンジョンRPG”風”」のゲームを作成するという明確な意図があり、加えそれに成功していたからこその面白さだと思うのです (「古き良き3DダンジョンRPG」を作ると多分一部のユーザしか反応しないけれど、今風アレンジを上手くやってのけたところにあのシリーズの面白さはあると思う)
 が、「セブンスドラゴン」にはそれがない。「古き良き2DRPG」を作ろうとした、という感が見えないのです。どちらかというと「○○ってゲーム売れたからウチでも似たようなの作れば売れるだろ」って「よくにたもの」を作っちゃう大手メーカーのそれを感じます。
 だからこそ、細かいところの不親切さが拭えない。戦闘中のコマンドの配置 (見やすくはない円形+アイコン表示、前回のカーソル保持) 、アリエッタの情報屋 (順番にしか見られないってどういうことかと)
 シナリオ以外で、「いい思い出の残らないRPG」という感じです。
 もう少し作りこみようはあったんじゃないでしょうか。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket