せっかく再開したからメモも再開してみる。


とりあえず、
 ・Ver2.0以降で入手したカードのみ使用
 ・SR/R/LEは手元にあるものでもしばらく封印
 ・しばらくは群雄伝だけ
で遊ぶことにする。そうでもしないとなんかこう、いろいろとねえ。
……そういえば昔、先輩の知り合いの大戦プレイヤーのお方が、「計略を被らせるな」つってた気がするのです。
ということで計略が被らない程度に2勢力くらいで、騎兵は少なめ (※扱えないから) でデッキを考えてみる。
【UC夏候惇/C曹彰/C李典/C朱桓/C凌統】
とりあえずこんなカンジに落ち着いてみる。
強化形な計略に偏り気味だけれど、火計と看破が使用する計略の主軸になりそうなのでそれほど問題ナシ。
曹操様は騎兵なので、残念ですが帰っていただくことと相成りました。
馬1槍2弓2が私の限界なのです。
■魏伝一章
いきなり二章をやると負けたとき切ないので、前回クリアしたはずの一章をもう一度始め出すチキン。しかもよくよく考えてみれば曹操が居ないからイベントなにそれ美味しいのな罠。しまった。
一発火計でどーん、と思ったのだけれど、一章ともなれば案外ゴリ押しが利くので計略を使わない使わない。士気が勿体無いことこの上ない、折角だから強化戦法でも使っておけばよかったのに私。
正直、計略は黄巾の群れを看破しただけだったような。あれ?
武力5の槍を盾にしつつ弓を射掛ける×2で、武力3だの何だのは平気で散らせるからなあ……
一騎打ちのボタン押すタイミングをまったく見失っておりました。
CPUに一騎打ちで負けた衝撃の前回よりは少しマシになったのですが (負けはしなかった)、やっぱり失敗が出るってのはどうもナァ……気持ち早めのタイミングを心に刻め私。
そんなわけで順調に落城勝利。惇兄がカッコ良い!
■魏伝二章
董卓も華雄も人類に見えないのですが。
暗殺の毒が何気に面倒極まりなかったものの、西涼の人々を朱桓殿がイイカンジに焼き払ってくださいました。火系大好き。
イベントで相手の武力と移動速度が上昇してイイカンジに蹴散らされかけましたけれど、兵法のお陰で事なきを得る。というかそうか、再起の法はカウントが減るだけなんだったっけ。
なんとかなるにはなんとかなったのだけれど、相手の城に一撃入れてあとは防戦とかいう弱気な動かし方だったかあナァ、なんとか落城勝利まで漕ぎ着けたい。
もうすこし武力欲しいな。凌統外して曹操入れようかナァ……?
今回の入手カードはC張燕にUC郭淮。
反計の連計+連計持ちという素敵ペア。つまり使えということですね。次回は魏軍と他軍で組んでみよう。
そうなると李典は抜けるカンジか、武力6とは言え張燕が歩兵なのは少し恐いけれど。
というか郭淮が微ッ妙に私好みな気がしてならない。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket