TRPGサークル「SeasideCross」の5月例会でサタスペやってきました。
人生初サタスペですよ!


サタスペは初めて、というか某サタスペひぐらしリプレイを借りて読んだことがある程度だったので「そんなんですがいろいろと大丈夫ですか?」という話だったのです。が、GM氏より「充分です」と言われてしまったのできっと充分だったのでしょう。うん。
なんとかなってたのかはGMのみぞ知ります。
遊んだのはサンプルシナリオ00「前門の虎、後門の虎」、01「偉大なる門出」、02「亜侠の矜持」。1日で3話も遊べるとか未だかつてない話だ……!
虎退治から始まったチーム『敬虔なる妄想イン・サ・ダーク』のメンツは以下。
“怪盗オレンジ”周伊蔵(リーダー男50歳くらい)
どんなに駄目人間相手でもちゃんと付き合ってくれる、やるときゃやるぜな頼れるリーダー。渋く決めては来るけれど、特に深い意味もなく人殺しちゃうあたりがノープラン。
“Mr.オレンジ”スワンティ・サラワティ(参謀男17歳)
高慢ちきなナチュラル女装癖男。必要とあらば大和言葉も喋る。人様から借りた車で突貫仕掛けるスピード狂。
“朝霧に舞う少女”マクドナルド・バス(マネージャー女15歳)
何処か夢の世界にでも飛んで行きそうな名前の銭ゲバ。生活5でチームの財政を一手に担うも、自分の車で特攻かけられるわ1シナリオで生活が2ランク下がるわ14番表行きで失明するわで今回のベスト・オブ・不幸な人。
 ↓
“朝霧に舞うスーパースター”(マネージャー女30歳くらい)
名前はまだない。余りに散々だったマクドナルドに代わり02から参戦したものの二つ名丸被ったおばちゃんお姉様。買い物に迷いが多い。
“紅の発電機”ソングラム・ラスプーチン(道化師男79歳)
動物園に颯爽と登場した、白馬に乗ったロマンスじじい(恋愛5)。好みは年上なのでまあ出会いなどないだろうと思われていたが急遽どうでもいいNPCが81歳女性になったことから話は急転直下、そのまま口説き落として幸せになりおおせた今回のベスト・オブ幸せな人。
 ↓
“おっぱい三世”レーゾウコ(道化師女17歳)
「じじい自重」と代わりに02から参戦したものの二つ名はもっと惨劇になった女子高生、ソングラムが口説き落としたばあさんの連れ子。ドアを問答無用で撃ち抜こうとするとんだトリガーハッピーにして、自分のトリコであるところの男子校生を少年だいすしーな闇医者に生贄にする外道。
……やっぱり、白馬のじじい→”おっぱい三世”のコンボはダイス神に愛され過ぎと言わざるを得ないでしょうよ。ダイス神の愛と、PLが繰り出す言動のまごうことなきキジルシっぷりが見事な調和を生み出した奇跡。
しかしなるほど、これ最初のスピークイージーの印象大事ですね。本当に印象が固定する。
書面で説明読んだだけでは何のことかわかりにくかったですが、情報収集、非常に面白いですね!
「情報が集められたか○○で判定してみて」で済ませてしまいがちな情報収集が、いい塩梅なゲームになっていらっしゃる。
情報収集で事故ってシナリオが破綻するケースもあるようですが、それはそれでいい思い出……むしろネタになります。たぶん。
え、今回は情報屋を嗜んだ私が超活躍したのでそんな事故は起こりませんでしたよ。ずっと俺のターン (4回行動) で集めた情報をハプニングで吹っ飛ばしたなんてこともありましたが!
やー、面白かったー!

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket