ギルド”リチェルカーレ”、エトリアの冒険者を横目に火竜を屠り、緑死病撒く花を焼き尽くし、老貴族の最期の願いと漁アーモロードの漁業を守る。
第6階層(B24F)、および火竜・アルルーナ・クラーケン・イソギンチャク討伐くらいの記録です。けっこう駆け足!
ネタバレを含むような気がしますので、ご注意ください。

■現在のPT状況

・アルマトゥラ(ファランクス/モンク) Lv62→80
・スパーダ(パイレーツ/シノビ) Lv62→81
・リサッカ(モンク/シノビ) Lv63→82
・ベルサリオ(バリスタ/プリンス) Lv62→80
・フォルテ(ゾディアック/バリスタ)  Lv62→81
・アルジェント(プリンス/モンク)  Lv61→81
・リザイア(ファーマー/シノビ)  Lv60→65
・ヒエン (シノビ/ゾディアック) Lv60→72
・セステッソ(アンドロ/ バリスタ) Lv60→65
・ステッラ(ゾディアック/ウォリアー) Lv60→71
・ラフィナート(プリンセス/ファランクス) Lv57
アルマトゥラ:
ガード系スキルがほぼ整い、行者の功徳でガード時でも耐える耐える。ガード役としては十二分な役割は果たせるので、あとは弱点の補強……縛り対策か、TPブーストかをやってやる感じか。
スパーダ:
突剣系スキルに、軽業に至るまでの回避系スキルを取り切ったので、とりあえずHPブーストを伸ばし始める。死亡率がもう少し下がれば言うことはない。それを取り切ったら何に手を伸ばすべきか、TPブーストかイーグルアイか?
リサッカ:
回復量とTP消費の様子を見つつ、回復系スキルを伸ばすかTPブーストを伸ばすかの日々。……軽業取りに行って、回復系スキルの回復量を底上げても良いのかもしれない。
ベルサリオ:
サブがプリンスなおかげでバリスタの攻撃スキルにTPを割けること割けること。最近エミット要員としてラフィナートが増えたので、王たる証を上げ始めてみる。これ伸ばしたらどうしよう、TPブーストあたりが無難なところか?
フォルテ:
3色をLv1ずつ、ブーストはLv10、バラージもLv5ずつで割とオールラウンダー。術式は単体技になるがダブルアクションは乗るのだろうか…… 妙な夢見ないでHPブースト伸ばして、HP+100アクセを手放すべきなのか……。
アルジェント:
攻撃へのインパクトこそないものの、リニューライフにリセットウェポン、防御庇護予防の号令と便利系の防御スキルが一通り、加えリフレッシュとバインドリカバリも全体化して支援役としてはほぼ仕上がった感じ。功徳10でなかなか死なないのもポイント高い。あとは…… リインフォースでも取らせるかな?
リザイア:
首切はLv10、採取系スキルも必要な程度は揃え…… どうしようかなあ?
ヒエン:
ダークエーテルはLv10、回避系スキルも軽業まで揃え、メインメンバーではないだけにどうしようか困る。首切メンバーはあまり増やしたくないし(混乱時の惨劇が見える)、分身多元抜刀にキリカゼさんの夢を見るのは危険。どうしようかなあ。
セステッソ:
オーバーヒートのおかげでレベル上げが遅々として進まない(すぐ死ぬ)ので、いったん休養してしばらく前陣Lv10まで伸ばす。オーバーヒート→HP砲はSP溜まった頃に一気に伸ばすか……。
ステッラ:
ウルフハウル、狂戦士の誓い、チャージ、メテオは伸ばしきったので、とりあえず狂戦士でHPを食うのでHPブーストをかけるもアレ割合減少なんですね…… 伸ばし始めたからには伸ばしきるけどチクショウ!
ラフィナート:
唐突に3色ガード+3色ウェポンで「精霊を自在に操る!」と言いたくなったので作った。特に後悔はしていない。槍マスタリーとブリッツリッターも伸ばしたいなあ。
さすがにここまでレベルが上がってくると、そろそろ必要スキルが完結してくる頃合い。Lv99のあとのLv99に夢を見るべきか否か……。

■第6階層(B24F)

不可視エリアと回転床、片道通行が続くエリア……と書くとなかなかストレスフルな気がするこのマップ。しかし、既にエルミナージュIIで
・ダークゾーン+分岐という分岐に回転床
・ダークゾーンは呪文を使わない限りマップを開けない
・回転床上で魔法やアイテムを使うとまた回転する
・回転床上では確率で状態異常「混乱」付加
・回転数ランダム
という鬼のようなマップを抜けた過去を思い出し、回転数が目視できる上に回転数固定の回転床なんざ恐怖でもなにもありませんよフフン。と調子こいてたら数回道に迷うのはまあお約束にしまして。
回転床の回りに方角を配置してみようかとも思ったのですが、不可視エリアだとコメントも閲覧不可なのですね……まあそりゃそうか。
マップ左下のアリアドネの糸が拾える宝箱近辺で、宿木が無限に沸いて出てくるあたりで「この糸は”逃げろ”という開発のメッセージ……!」と涙目になりつつhageることもありましたが、基本的にはFOEから逃げ回り道中ではさほど危険はなし。B25Fへの階段へ到達するのでした。
なんだか街の人がお別れムードですが、その、ごめん、しばらくまだ居座ります。

■アルルーナ戦

アルルーナのレアドロップはバリスタ専用防具であると知ってから、水溶液持ってギルドの依頼を受けるまで数秒でした。
宿屋のマセガキ、もとい少年がお手紙を交わしていた相手、エレちゃん。彼女の故郷で緑死病が流行ることとなった原因の魔物が、どうも海を渡ってアーモロードは白亜の森に逃げ来たとのこと……このままその魔物が力を蓄えるのを待てば、アーモロードにも緑死病が蔓延してしまうことになりかねません。宿屋の少年の頼みを聞き入れ、魔物・アルルーナを討伐しに向かったのでした。
エレちゃんの故郷がエトリアなのかハイ・ラガードなのか、それが問題だ(どうでもいい
さておきアルルーナと言えば状態異常でガシガシ固めてくる嫌なFOE。とはいえ今作は介護陣形に予防の号令と、対異常対策は思ったよりもなんとかなります。ということで、下記のようなメンバー構成でアルルーナ戦。
・前/アルマトゥラ
しこたまリサッカをディバイドガード
・前/アルジェント
しこたま予防陣形
・後/リサッカ
しこたまパーティヒール
・後/ベルサリオ
しこたま高速徹甲弾
・後/フォルテ
しこたま圧縮炎術式
あとは介護陣形を可能な限り維持しつつ、リミットが溜まり次第圧縮業炎……回復役をディバイドガードしておくと、パーティヒールが出ないという事故がかなりの高確率で防げるのでTPがつきない限り安心度は高い。
たまにヴァンパイアキスがベルサリオやフォルテあたりに飛んで一撃死するも、アルジェントもリザレクトは使えるのでリサッカの回復を切らさずに回収可能。TPが切れたらベルサリオあたりがアムリタIIで補給。そんな感じでパターン化しつつ撃破、自分たちのパターンが崩れなければ負けんよ。
アルルーナを倒し緑死病の危機を振り払った”リチェルカーレ”。その報酬は少年の身銭100,000エン
このうちの何割が自分らの払った額なんだろうな……。

■偉大なる赤竜戦

雷竜と氷竜を倒したんなら赤竜も倒せるよね。とは思いつつ今の今まで放置していた理由…… 単にファイアガードのレベルが10になるまで待ってただけでした。
竜の噂と、第3階層にある「3つの石」の噂。その3つの石をどうにかすると竜がどうにかなるらしい、ということで以前残したメモをたよりに3つの石の封印を解いていく、道中で、何かを探しているらしいブシドーみたいな人とカースメーカーみたいな人に遭遇するも、彼女らが特にこちらにアクションをしてきたりと言うことはありません。
強いて言うならカースメーカーの子の目のやり場に困るだけです。
3つの石の封印を解くと現れる火竜、今回は最初からファイアガードも備えて万全、初見撃破を目指……
火竜の猛攻!
レッドファング!
スパーダは戦闘不能になった!
ベルサリオは戦闘不能になった!

男性陣脆弱すぎる。
ただまあ、いくらファイアガードがあってブレスは防げるとは言え、相手の攻撃アップを放置してたらそりゃ死ぬよね常識的に考えて。ということで、素直に補助要員を増やすことにして再挑戦。
・前/アルマトゥラ
5Tに1回のファイアガード、それ以外はリサッカにディバイドガード
・前/アルジェント
火竜の猛攻へのリセットウェポン、とどろく咆哮へのリニューライフ、手が空いたら予防の号令または防御の号令
・前後/リサッカ
分身の後、回復
・後/ベルサリオ
高速鉄甲弾
・後/フォルテ
圧縮氷、ときどき絶対零度
火竜の猛攻後の攻撃をマトモに食らうとベルサリオあたり残念なくらい一撃で吹っ飛ぶのですが、防御の号令なりリセットウェポンなりできっちり対策してやれば一撃っていうことはない。とどろく咆吼でいまひとつダメージが出なくなることはあるものの、フォルテの術式には一切影響しないのでそこまでダメージは落ちない……のでそのまま圧倒的な物量で押し切って勝利。氷竜みたくピンポイントで属性耐性上げるとかないからいいなあ……。
かくて火竜を倒して疲労困憊の一行の元に、何故かシャベル片手にやってくるブシドーとカースメーカー。なんでも彼女らは火竜の地図を宝の地図と勘違いして、のんきに宝探しに勤しんでいた模様です。彼女らに「それちがう」とツッコんだところで、宿屋への帰路につくのでした。

■クラーケン戦

「退屈だから」という理由で、冒険者一行に様々な大会を課してきたエルヴァル。しかしそれは、より深い階層でも戦い抜く能力を持つだけの冒険者を捜しているが故なのでした。
かつてエルヴァルが友と迷宮に挑んだとき、辛うじて檻に閉じ込めることには成功したものの、倒しきれなかった魔物がいた。それを退治して欲しい……と。
その魔物は第4階層におり、……なんでこの人ら、深都を越えて第4階層に入れたんだろうとは突っ込まないでおこう。さておき、その魔物を閉じ込めていた檻を解除して進むと、そこには砕けた折の破片と、クラーケンの姿があるのでした。
さて、足縛りさえ決まれば完封できると大好評のクラーケン。何回か挑むも足縛りがうまく決まるのはせいぜい3回程度なので、完封しようかと思ったらその間に倒しきるだけの火力が必要。今まで通りのパターンで倒しても良いのですがせっかく足縛りが使えるキャラがいるのであればそれに頼りたいところ――というより、いつものメンツで15,000回復するレストレイションを突破できる火力がない。ダメージ15,000を与えるよりはそれを封じてやったほうが明らかにお得。
ということでいつもとは若干違うメンバーで挑むことに。
・前/スパーダ
ひたすらミリオンスラスト
・前/ベルサリオ
ひたすら前陣迫撃砲術
・後/ヒエン
相手の足縛りが解けた頃に影縫、それ以外で伊綱
・後/フォルテ
ひらすら圧縮雷、ときどき過雷
・後/ステッラ
ウルフハウル→様子を見て狂戦士の誓い→チャージ→メテオ
恐らくヒエンを除いて最もダメージの出せるPT、まさかの回復役不在。どうせ足縛るのであれば関係はない……!
とは言っても足縛りも確率の問題。うまく足縛りが入らず3回ほどhageるも、3連続で足縛りが、かなり長期に渡り入ったところでメテオと過雷を撃ち込んで終了。何回かhageてセーブとロード繰り返してる時点で手としては美しくないなあ……ううむ。しかし完全に準備を整えたメテオは過雷のダメージすら越えるのか。
さてエルヴァル氏の気がかりであったクラーケンを倒し、その報告に向かった一行。しかし、それを報告するべきエルヴァル氏は「何かを察したように」穏やかに息を引き取った後だったのでした……。

■イソギンチャク戦

なんでも漁獲高が減ったらしいんで、なんとかしてほしいらしいです。
ということで挑みに行ったイソギンチャク戦、なんか気付いたらhageてた。どういうことなの……。何やらひどいダメージが出ていた覚えはあるので、とりあえず防御を固める方向で挑む。
・前/アルマトゥラ
リサッカをディバイドガード
・前/アルジェント
防御の号令と庇護の号令、予防の号令で防御支援
・後/リサッカ
分身して、パーティヒール・リフレッシュ・バインドリカバリ連打
・後/ベルサリオ
物理攻撃のダメージが残念なので、バラージ連打
・後/フォルテ
圧縮雷連打
なんか気付いたら勝ってた。あ、あれ、おかしいな、なんか前はすごいダメージで叩き潰された気がしたんだけれど。
……と思いwikiを眺めていたら、縛りや異常をスイッチにダメージが跳ね上がったり即死したりする系のアレらしい。なるほどそりゃリサッカ増えれば難易度下がるわ。つってもディバイドガードの通らない縛り系の技は、バインドリカバリ役が増えようとも全員頭縛られる可能性は否めない。それを差し引いても物理攻撃がほとんど効かない時点であんまり相手したくないなあコイツ……。
さておきイソギンチャクを討伐してアーモロードの漁業を守った一行、意気揚々と探索を再開するのでした。
……裏ボス撃破前にエルダーをなんとかしたい、というか裏ボスを倒した時点でゲームコンプリートって言いたい。しかしエルダー、HP50%くらいまでは削れるけれどだいたいそのあたりで頭縛りに失敗するのよな。
さて、どうしたものか……。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket