げに恐ろしきは役に立たない味方なり。
ということで、~騎士団敵対組織の姉ちゃんが現れたあたりまで。
そういえば今更ですがネタバレとか含みます。


ロゼッタさんが「前の盗賊団のアジトになんかアートに関する情報があるんじゃない」的なことを言われたので、侵入することに。隠し通路を使って安全に資料室まで辿り着いたところ、盗賊団はなにやらモメている模様。
いつぞやロイを蒸発させたLV20の人ことシキは盗賊団ではなく、今までは利害の一致もあって協力していたがもうお前は要らねえと盗賊団から見切りを付けられた模様。基本的に一対多だと一のほうに加勢したがり主人公と情報が欲しい女性陣の意見の一致を見、シキを助けることに。
LVをにじにじ上げていただけあって、特に印象に残ることもなく勝利。
その後ロイ&フィンチの怪我が回復しますが別行動に。
ロイはまあともかくとして、弓兵のフィンチさんだけでも残って欲しかったのですが……致し方ないのですが。なんか付入る隙がないですし。
で、まあなんか色々あって。(※おぼえていない)
リアとナツはそれぞれが探していたレティアートの情報を、ロゼッタは襲撃を受けた村に急行するため別行動を余儀なくされ、グウィンはいったい誰と行動するのか? という選択を迫られることに。
……ヒロイン決定ふらぐ!
女騎士っていいよねの一言でロゼッタさんと一緒に。
ところが村への襲撃というのは他でもない騎士団の狂言であり、平民出の騎士であるダールを抹殺したりロゼッタを騎士団に呼び戻したりするための罠でした。結果ダールは騎士に捕まり、騎士団への復帰を拒んだロゼッタは元同僚から攻撃されることとなります。わー、騎士団悪ーい。
しかし通りがかりにダールを救出してくれたシキが登場。なんとかその場を凌ぐことができました。
クエスト「騎士団の暴走」、前半戦・後半戦ともにそれほど難度の高いクエストというわけでもない感じがしましたが……後半戦、レベルアップ目的で前進すると騎士団長の槍レーザーで死ねるのでそこだけ気をつけたほうが良いかも分かりません。射程が案外長いので、取り巻きだけ誘い出してカッコ撃破ですかね?
逃げ帰るように街に行き、ギルドに行ってみると、何やら副騎士団長が誘拐されたとかなんとか。副団長はロゼッタやダールにとっても恩がある人物らしく、救出に向かうことに。
そして救出する際、牢屋に仕掛けられていた警報が作動し、戦闘に。
グウィンとロゼッタとダール
  │  ┏━━━┓
  ↓  ┃ ○ ┃
 ◎◎◎ ┃○○○┃←小部屋から出られない仲間たち
副団長→● ○  ┃
障害物→■ ━━━┛
図解:
 主人公と元騎士団2人以外の味方の初期配置が小部屋。
 しかし小部屋の入り口には障害物と副団長が鎮座しており部屋から外に出られない。
……なに、この状況。
仲間たちの1人はヴァルキリーで障害物無視を持っていたため外に出られたものの、それ以外は本当に外に出られません。ワープアイテムを味方に使うことも出来ないようです。いや副団長が一歩動いてくれればそれで問題解決なんですがなんで動かないのこの人ねえちょっとおおおおおああああ(悲鳴
仕方がないので小部屋にいるセージのウィンドカッターでギリギリ支援できる範囲から出ないように、遠距離攻撃で地道に各個撃破していきました。敵が近づいてきたらウィンドカッター&スキル攻撃、外組でHPが削れたユニットは室内近くに戻して中の人が回復。15ターンのターン制限があるので、1T最低1殺で地道に地道に。……勝利条件に「敵の全滅」はないですが、敵を全滅してもクリアは可能でした。
中の人に攻撃アイテムを持たせればもう少し楽だったのでしょうか?
助けた副団長はいい人でしたが騎士団の黒さを受け入れた上で行動していたようで、「次に合うときは敵だ」と言い残して去っていきました。……大丈夫です、あの邪魔ぶりは既にこちら的には敵認識抜群ですというかわざとやってたんじゃねえのか畜生。
その後反騎士団勢力の協力を仰ぐべく情報を集め……その勢力の長を自称する姉ちゃんに遭遇し、協力して欲しくばどこそこに来い的なことを言われそして去られました。今日のやったとこ、だいたいこの辺まで。
このゲーム、装備によって外見が変わるのですが。
最近、敵NPCが装備を剥がす技を使ってくるのですが。
胴装備と足装備は剥がされるとちゃんと下着姿になる念の入りようです。
女性キャラが総がかりで乳たゆんたゆん。スタッフの方気合入りすぎだと思います。
……固有グラフィックのあるNPCも戦闘中は汎用絵なのが惜しいなあ。でもそれやるとフィンチさんとかただのポロリになりそうですしパンツ一丁の豪快ロマンチストとかリアクションに困ってスルーせざるを得ないのでいろいろと無茶だったのでしょうか。
あと獣型モンスターは言わば「獣型の防具を着込んでいる」なので、うっかり獣相手にスティール成功すると中の人がひょっこりと顔を出します。獣がいきなり人間になっていたあの衝撃は向こうしばらく忘れない。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket