虐殺に手を貸さず、ウォルスタ解放軍から逃走したデニム君と雷竜騎士団の一行。その首に多額の賞金をかけられた彼の運命やいかに……!
無意味にテンションを上げてみたところで、タクティクスオウガ2章カオスルートのプレイ記です。記憶力だよりで以下略。

■→タインマウスの丘

賞金首となったデニム。彼は「島を出よう」と促すカチュアを尻目に、賞金稼ぎから身を隠すべく港町アシュトンに潜伏しているのでした。
タクティクスオウガ_02_01
ごめんなさいカノープスさん巻き込んで超ごめんなさい
でもなんかこの人気持ち楽しんでないか、そこはかとなく。あーでも虐殺を行ったのはウォルスタ解放軍だって知ってるから生きてるとマズいのかそうか。
閑話休題。
カノープスは「タインマウスの丘にランスロット達がいるらしい」という情報を入手したため、ひとまずそこに合流するのはどうかと提案してきます。聖騎士様ならなんとかしてくれるかもとカチュアも乗り気、港町で延々潜んでてもラチがあかないので、まずはタインマウスの丘を目指すこととなりました。
タクティクスオウガ_02_02
しかしカノープスさんかっけえのう。
ちなみに1章ラストで打ち抜かれたラヴィニスさん、さりげなくお亡くなりになられました。(※メインストーリーでイベントがなく、ウォーレンレポートでのみ確認可能)
タクティクスオウガ_02_03
確かに死ぬ流れだったけど!(;ω;`
港町から出るところで、ウォルスタ解放軍の弓使い、アロセールさんが襲撃をしかけてきます。プレザンスさんが「我々は謀られた」と訴えるも効く耳ナシ、とりあえず撃退してその場を凌ぎます…… けっこうこのゲームみんな逃げるね、むぎゅー。
その後、傭兵のザパンさんやらに襲われつつ仲間がさりげなく目を逸らしだしつつ敵に襲われていたアロセールさんを流れで助け出したりアロセールさんに「何が真実かこの目で確かめる」みたいなことを言われたりしつつ辿り着いたタインマウスの丘。
しかしそこには人の影ひとつありません。これはまさか。
タクティクスオウガ_02_04
おーいカノープスさーん! 誤情報誤情報!?
どうも「ランスロットがタインマウスの丘に」という話は、ヴァイスがデニムをおびき出すためにバラ撒いた罠だったようです。
そしてアロセールもどうも「死んだことにされていた」とかなんとか。バルマムッサの真実を知る人間はすべからく殺すという命で動くヴァイスに、ようやっとアロセールさんもデニムのことを信じてくれる気になったようです。
タクティクスオウガ_02_05
「そんなことをして許されると思っているのか」という問いに力強く「オレが許す! 歴史が許す!」とか言い切っちゃうヴァイスさんマジカッケー。
ちなみにこのステージ、デニムとアロセールとカチュアが前方に孤立+この時点でアロセールはゲストなので自立移動+ヴァイスがダブルアタックで殺意高いとなかなかデッドリーな配置。何がデッドリーってアロセールさんがデッドリー。死んだらノータイムでアイテムと化すデッドリーぶり。
なので全てをかなぐり捨ててヴァイスを集中砲火。
タクティクスオウガ_02_06
すげえ素敵な捨て台詞を残されつつ、撃退に成功しました。
ヴァイスさんどんだけ鬱屈としてたのよアナタ……。

■ヴァレリア解放戦線との諸々

とりあえず「聖騎士はライムで酒でも飲んでる」という話なのでライムを目指すことにした一行。撤退したクリザローの町でヴァレリア解放戦線の一員というフォルカスに出会ったデニムは、「海賊に囚われた仲間の救出」を条件に「一行にライムまで船を出す」という約束をします。
クァドリガ砦で孤立してるのは魔法使いでした\(^o^)/
何故か砦の上へ上へと向かう魔法使いのバイアンさんをカノープスさんが必死で追いかけて上の方にいる弓兵魔法使いをしばき、追いついたヴァルキリーさんがせっせとヒールを飛ばす。そしてまた突撃するバイアンさん。おい誰かアイツ黙らせろ。
涙目になりつつ救出に成功したところで、今度は「システィーナだけ海賊に連れ去られてしまったから助けてくれないか」と言われてみる。1章の悪夢再来の気配しかしない
しかしきれいなデニム君は「数日遅れたところで変わらない」と救出を承諾します。
そして倒した海賊の奥さんが「お腹にいるアタシの子」みたいななにかを臭わしているのを一切顧みず撃破。あとからウォーレンレポート見たら奥さん超劇的な人生歩んでて吹いた。
システィーナを助け再会に湧くフォルカスとバイアン。そして
タクティクスオウガ_02_07
炸裂する姉上。
フォルカスさんも「そ、そうだな。そうしよう」とか若干ドン引きの気配なんだが大丈夫か。
道中で、ヴァレリア解放戦線のリーダーにして、システィーナさんの姉であるセリエさんに面会すると、そこで「ロンウェー公爵を暗殺する」という強硬手段に出るとセリエさんが出発しようとしていたところなのでした。
タクティクスオウガ_02_08
あっ耳が痛い。
さておき、ウォルスタ解放軍とバクラム軍が五分と五分になり拮抗するよりは、ロンウェー公爵を潰すことでウォルスタ軍を瓦解させ、そこに侵攻を仕掛けたバクラム軍の頭をそこで暗殺すれば我々の勝利だと息巻くセリエ。そして戦争が拡大することを是としないシスティーナとは平行線のまま。
セリエはそんな妹を甘いと評するも、妹のことは愛しているらしく「よろしく頼む」と言い残し去っていくのでした。
ということで戦争のない世の中を目指してシスティーナさんと、あとついでにフォルカスとバイアンが仲間になるのでした。

■古都ライム

この辺でガルガスタンの指導者・バルバトス枢機卿が処刑されてみました。
さておき紆余曲折の末にようやっとライムに辿り着いた一行。そこで運悪くいつぞやのザパンさんに鉢合わせし、襲いかかられます。そんなこんなのうちに何やら街が騒がしいと思ったら、ガルガスタンの壊滅に乗じたバクラム軍がライムに侵攻してきた模様でした。
タクティクスオウガ_02_09
その騒ぎに乗じて姉さんがザパンに捕らわれてみたり、
タクティクスオウガ_02_10
通りすがった暗黒騎士を留めたギルダスさんのカッコ良さが異常だったり。
(主にPLが)後ろ髪引かれつつもザパンを追いかけ、そこで待つと言われたアルモニカ城へと急ぐのでした…… ええい聖騎士一行逐一カッコいいなあ!?

■アルモニカ城

そしてアルモニカ城に辿り着いたところで、ザパンとラミドスなる妖術師がデニムの撃退にかかります。ラミドスさんはなにやら幼馴染みがバルマムッサにいたとかなんとかで……違うのー違うんだってばー。
とりあえず前に出てきたバーサークがうるさいザパンを早々に退場させ、カノープスさんが相手の回復役を潰して、援軍に心折られそうになりつつなんとか勝利。
タクティクスオウガ_02_11
そしたらラミドスさんが死の間際に際して唐突に分かってくれた。
なんでも「死霊が教えてくれた」とかなんとか…… ええと……感動すべき場面のような気もするけれどなんか微妙にギャグくさいのはなんなの……。
そしてアルモニカ城へ突入すると、
タクティクスオウガ_02_12
なんかもめてた。
何やら意見の相違があったらしいザパンを切り捨てたヴァイスは、そのまま恐ろしいことを言ってきます。
タクティクスオウガ_02_13
一騎打ち……一騎打ちかあ……(ウィーグラフの悪夢
編成時にデニムしか出せない時点で嫌な予感しかしなかったけれど……。
相手の攻撃力と行動速度の方が基本的に高いので、こちらはヒールで耐えつつの防戦一方。そして繰り広げられるコンプレックスのかたまりヴァイスvsのんきデニムのほのぼの劇場。
タクティクスオウガ_02_14
タクティクスオウガ_02_15
タクティクスオウガ_02_16
まとめると羨ましいから殺すってことか。
……いや話の流れから察するに幼少期からいろいろあったっぽくはあるけれど……何でお前だけがとかそういう感がすげえビシバシ伝わっては来るのよなあ。むう。
とりあえずカウンターで地味地味とHPを削ったところで必殺を叩き込み、大幅にHPを削ったところで制止の声が掛かるのでした。
タクティクスオウガ_02_17
レオナールさんでした。
タクティクスオウガ_02_18
彼は、バクラムの侵攻を受けている今、争っている場合ではないと説きます。そのため、お互いバルマムッサのことは水に流し、デニムにウォルスタ解放軍に復帰するようすすめてきます。
タクティクスオウガ_02_19
選択肢が! 逐一! 重い!
とはいえここまで来たら最後まで綺麗なデニム君を貫くのがスジでしょう。ということでレオナールの申し出を思いっきり蹴り飛ばすことにします、なんか横でヴァイスくんもやーのやーの言ってるし……。
タクティクスオウガ_02_20
タクティクスオウガ_02_21
なおもウォルスタ解放軍のやり方を否定するデニム。あ、この台詞はカオスっぽいねいいね。
そしてレオナールは反対するヴァイスを尻目にカチュアを解放し、「希望を失った時戻ってこい」と告げるのでした。
タクティクスオウガ_02_22
この人はこの人で過去に何かあったのかなあ。……バルマムッサの件には反発していたし、この人はこの人で相当迷ったんだろうなー、むぎゅう。
でもゴメン好き勝手生きるね!(笑顔

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket