TRPG備忘録はmixiに書いていたのですが、マイミクの都合と諸々した理由によりこちらに備忘録。
「弱小国家にレイウォール軍が攻めてきた! 最後の砦で敵を迎え撃つんだ!」……そんなARAの単発シナリオをやってきました。
・長い文章とか嫌いな方
・にわかTRPGプレイヤーの戯言とか聞いてらんない方
・youko氏とIZM氏とうりさんとうわざら氏
は、この先を見ないことを全力でオススメ致します――特に最後の4名に対しては「裏切り者は誰か」レベルのネタバレを含むのでマジでオススメ出来ません。
ぶっちゃけシナリオを流用した上で未完了です。
……本当スイマセン。


氷川 TRPG 研究室 – 拠点防衛型シナリオ
今回、こちらを拝見して「あ、なんか面白そうなのでやってみよう」くらいの軽さで防衛戦シナリオをやらせて頂きました。隙があったら身内を誘って戦記キャンペーンをやってみたいなーと思っているので、その練習がてらにも。
……というのも、弱小勢力に属する人間数名が強力な勢力の頭を叩いた→相手が撤退したー! という話にうっすらとした違和感を感じるというか、その程度で引き下がる巨大勢力って実はそんな巨大じゃなくね? という非常に個人的かつ、それを言ったらお終いな気がする、かつ軍学的な何かに詳しい方にしてみれば「いやそんなことねえし」みたいな反論の出てきそうな理由なのですが……。
単に「英雄譚」に飽きているだけなのかも分かりませんが。
ところで私はBlade of Arcana大好きです。
閑話休題。
「PCは砦周辺からほぼ外に出ない、相手が攻め込んできたときだけそれに対応」という状況下、PCの方のおひとりが「こちらから攻め込みたい、待つのしんどい」的なことを仰っていました。その台詞を聞けただけでも「防衛戦」をネタにした試みには収穫があったのでは、と思います。……PLが望むネタをやることはもちろん重要ですがGMはPLの御用聞きではない……というのはいささか飛躍しすぎなのかも分かりませんが、「制約」はゲームに欠かせないものだと思うのです、ロール上のみならず。
一方でストレスを強いる可能性が示唆されているので、やはりキャンペーン向きor事前に「こういうセッションよー」という連絡はあったほうが親切でしょうか。
PCにはある程度の経験点と配下のモブを与え、ついでにこのシナリオにハンドアウトも何もあったもんじゃないような気がしたので、必殺「いんちきスキル好きなのいっこあげるから選んで(ハンドアウトも付いてるよ)」を敢行。
でもこれ身内だから許されるわなあ……。うーん。
今回「軍同士の対陣」ということで「3日やそこらじゃ終わらないよねえ」と思い時間を5日くらいに引き伸ばしてはみましたが、冷静に考えて3日だろうが5日だろうが五十歩百歩もいいところです。しかも1日24h区切りで5日って普通に1セッションで確保できる時間で終わりません、し。
日単位じゃなくて月単位せめて週単位……というか週単位くらいまで引き伸ばせば「睡眠」を考えずに済むのでその方が分かりやすかったかも分かりません。が、この辺に関しては個人的に「1日の間に○時間寝ないと翌日の行動に差し支えるよー」というネタが好きなのでしょうとしか言いようがないのが、なんとも。
このシナリオを以前やったときよりは多少マシになったか? という思いはありますが、時間管理が必要なシナリオに関してはまだ練習が必要なようです。
で、こちらはいつぞやALGのときにも使った気がしますが「裏切り者は誰だ?」というネタ。大軍が目の前にいるのであれば内通者はいるよねー☆ とほとんど秒速で決定したはいいものの、このネタを使うと必然的にNPCの数が超増えるから面倒です。何が面倒って、キャラ被りの防止とPC-各NPCの絡みとNPCの落書きが。最後に関しては今回諦めましたが。……余談ですが、この辺「PC人数4人前後」「シナリオハンドアウト」って便利なシステムだよなあと思います。
高校時代にPC6人が当たり前の状況でセッションを行っていた時期があったので、どうもNPCを必要以上に出しすぎるきらいはあるのですよね。キャンペーンなら良いのですが……とりあえず自重を覚えないと。
で、こちらにまとめきれない程度に色々反省すべきところはあるのですが、
「神竜王セフィロスの神託的な意味で神の使途を自負し、威厳を保つべく可愛がられるのを防ぐためにトリガーハッピー気味なアコ-ガンスリのロップイヤーヴァーナ(ちっちゃい)」
「一人称『我輩』でスタートするも偉そう的な意味で↑のPCと被ったり直属の上司が予想外にツン:デレ=4:1だったりした結果が上司デレになりつつあったメイジ-サモナーの半分エルダナーン(ちっちゃめ)」
「最終的に上司からKY認定されたウォーリア-モンクのエクスマキナ」
正直PC陣のキャラで保ったようなものだこのセッション……!
毎回GMの稚拙なマスタリングにお付き合いさせてすみませんでした、ありがとうございました!
ところでマップが広い時は馬くらい配っても良いわ、正直移動間に合わないわ。というか城壁にはしご設置したら色々解決することは多いような気も、した。
余談ですが今回のNPC陣、ぶっちゃけととモノ。(5)あたり見るとイレギュラーが一発で分かる仕様でした。が、「この日記の場所を知っている」上で「ととモノ。プレイヤー(=多少なりともととモノ。関連記事に目を通している可能性がある)」身内はいないような気がした上に、よしんばいたとしてもキャラ名なぞ覚えてないだろうと判断したのでなんかこう普通にキャラ名流用しました。
ある程度キャラのロール分けの負担が減るので、たまにやる「NPC多いシナリオ」には時たま便利。
それはそれとして「ユベール」はYで始まると勘違いしてましたがHubertでした
まあでも通じたから良いや。……今度からメモ忘れんでおこう。
#以下メモ
攻城戦。「城壁への攻撃に対してカバーリング可」であるのならば城壁のHPはもっと高くして(100~300くらい)、攻撃力80くらいの攻城兵器を出しても良さそう。カバーリングするとマトモに受けキャラでもない限り普通に死ぬけどネ★ みたいな。
というか攻城兵器とかその辺の思考がどっか飛んでってたなあ……。
トラップまわり。1回目でトラップし掛け放題だったのが、2回目では仕掛け辛すぎてやる気しない事態。ううむ……ややトラップへのハードルを上げすぎたか?(シーフの有無も多少は関係しているにしろ)
こちらが提示した防衛手段「配下を訓練」「トラップを仕掛ける」「城門を強化する」……が等価なのが理想だったのですが、そう簡単にはいかないようです。要検討。
時間管理。「連続行動の禁止」「睡眠時間の最低単位」はそれなりの効果。と言っても、PC側から今回提示された「連続睡眠時間に応じて回復量が変化」はこの辺を普通にクリアしてくれる可能性はありそうです。「最低2h+睡眠時間に応じて~」が落としどころでしょうか。夜襲による睡眠妨害はおよそ理想どおり。
敵データ。最後の総攻撃時と、散発的な襲撃時の敵数にどう折り合いをつけるかという問題……正直なところここが一番面倒くさいところではあります。これも次にやることがあるとすれば要検討事項ですね……。
……しかしこう列挙してみると大概未熟なくせになんか違うことをやりたがるのをそもどうにかしたほうがいいというような気がしなくもありません。わはー。

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket