「ええと、ヴァルキリープロファイル2下さい」
「かしこまりました、ご一緒に攻略本はいかがですか?
「……ぇ」
「…………」
「…………え、あ、はい、お願いします」
「ありがとうございまーす!」
ということでヨドバシカメラの店員さんに素敵にノせられつつ手に入れましたVP2。このタイミングで出る攻略本が中途半端と言うことは心得ていたはずだろう自分……スクエニにあっさり乗せられてるなよ自分……仕方ねえだろ自分攻略本コレクターなんだからよ……!
複数の出版社から攻略本が出てると、大抵全部買います。
最終的にはいちばん良いの残して売るんですけどね。
ああ無駄遣いここに極まれり。
ということでチャプター1終了までのざっとした感想をば。


とりあえず、一回ご飯食べるためにセーブしてないのに電源落としちゃって絶望した。あーあ、あーあ。
今回のエインフェリアは出現ランダムなのかな、一回目と二回目で出てくる人が違った。というか今回メインでないエインフェリアのストーリーが薄そうだ……?
最初のほうのエインフェリアをマテリアライズしてみるムービーで、どんなキャラが出てくるのかなーとかわくわくしてたら目がラリってヤバそうな胡散臭い髭の男が出てきてもうどうすればいいんだろうと思った。ミトラさん、目だけでももう少しどうにかならなかったんスか。
そんなオッサンの正体はハードボイルドな魔術士でした。
うおお、惚れる。
今回の戦闘システムは上手く立ち回ればラスボスでもほぼノーダメージで勝てるのかしら、たぶん後半はそうも行かないのだろうけれど。
というかコレってRPGかなあ、アクション的な戦闘は相当苦手なんだが……
楽しいからいいけど。
ルーファスを見てるとなんとなく無双凌統を思い出す。
特に戦闘終了時の右手。
アレって「二割増」の意味なのかしら指二本。
スキル云々がまだ今ひとつ分からないのでちょっと慣れないと。
とりあえず今回の見所は、道具屋でいろいろ買い物するとお得意さまになれる中途半端なリアリティのシステムだと思う。
すげえよ、RPGでお得意さまになれるとか初めて見たよ!

Similar Posts:

Facebook にシェア
Pocket